2017年02月12日(日)の日常

9時半頃に起床。どうにもやる気が出ず。

ビデオを消化した後は軽く掃除。「毎日使う場所」に関しては最低でも週一で掃除しないとやっぱりダメだな。まあ週一で30分なら手抜きの範疇でいいか。

暇ついでに艦これの冬イベントをヌルく開始。E-1甲をあっさりとクリア、ここから先も楽だといいんだがそうじゃないんだろうなあ。

もうちょい気合を入れて外出。近くの模型屋に「HI-METAR R ダグラム」が入荷してないかなーと思ったが見当たらない、売り切れだろうか。ここは穴場なんだが、ここでもダメとなるとどこにもなさそう。ミニプラ・ウォーカーギャリアは売ってたけど今回は見送り。どうにもプロポーションが気に入らなくて。

近くの靴屋で現在使ってる奴が壊れる寸前の職場用のサンダルを購入して、さらに別口のケーキ屋で実家に持っていく用のシュークリームを買い込む。バレンタインフェアねえ。

帰りにスーパーに寄って食材を買い込んで帰宅。今晩は実家でメシなんで、調理は明日の夜でいいかもう。

ちょっと暇が出来たので先日届いた「北米版バイオハザード7」を遊んでみる。まずはPS VRのレンズに先日購入した曇りどめを塗っておこうと思ってようやく気づいた。なんか変だと思ってたんだが、PS VRを買ってからレンズの保護シートを剥がしてなかったよオレ…。剥がしたらシネマティックモードがすごい画質良くなった。何やってるんだか。

保護シートを剥がして再度レンズに曇りどめを塗ってからバイオハザードをプレイ。屋外では遠方の草とかがニョキニョキ生えてくるのがちょっと気になる。しかし臨場感は流石に凄いな。

屋内に入ってからはもう怖い。なんとかお食事会に参加する所までは行ったけど、その後の追いかけっこで疲労困憊してきたのでプレイ中止。流石に慣れないとすげえ疲れる。

ただやっぱりPS VRならはでの体験は中々に凄い。「薄暗い屋内」ってのはVR HMDに向いてるなあ、「ドントブリーズ」のゲーム化とか面白そう。プレイ中一回もレンズは曇らなかったので曇りどめの効果はあるんかな?

バイオハザード7自体はアレです。少なくとも序盤はなんか昔懐かしいアドベンチャーゲームっぽい。狭い館を探索して、アイテムが見つかったら「ああ!これあそこで使う奴だ!」と思い出してあっち行ったり戻ったりとか、なんかそういう手触りが懐かしい。今のVRってのはなんか初代PSの「ポリゴン黎明期」みたいな所があります。

その後は鉄血見てポカンとなった後に実家に移動。なんか疲れて、晩飯前にベッドで30分位寝てたらしい。その後は食事しながら色々と近況報告。やっぱり気兼ねなく話が出来る機会ってのが無いと個人的にはダメかも知れんね。

持ってきたシュークリームをデザートに頂いた後に帰宅。トヨタがWRC二戦目にして優勝って事でめでたい。まあヒュンダイの自爆なんだけど、走りきることがラリーですんでね、いや本当。トヨタだって最終SSゴール数百m前で止まった過去があるのだ。

夜は「グランドツアー」最終エピソードを見たり、「小林さんちのメイドラゴン」アンソロジーを読んだり。アンソロジーは意外な人が描いてたりして結構面白かった。ルコアさんうちに来てくれないかなあ。

しかし日付が変わる前辺りで猛烈にお腹を下す、帰宅してから水くらいしか飲んでないのになんで。なんか凄い疲れたのでさっさと寝てしまう。明日会社行けるのかコレ。

本日のネタ。札幌市民お馴染み砂箱。砂の有無で安心感が全然違うのです。実は幼少のみぎりに「ハガキ出してきて」って言われて間違えて砂箱に入れてきた記憶が…、あれちゃんと届いたのかなあ(汗

[北海道では雪道の「すべり止め」に砂をまく\!\! 砂が合格祈願のお守りにもなる?\(tenki\.jpサプリ 2017年2月12日\) \- 日本気象協会 tenki\.jp](http://www.tenki.jp/suppl/romisan/2017/02/12/19271.html)

超絶な出来のドラゴンのプラモデル。正直ランナーに付いてる状態だけ「すげー」って感じだけど、色を塗ると「マジか…」みたいな感じになる。ランナーの状態でもプラモは成り立つとは思うけど、完成品はやはり別の魅力があると思うのよ。パーツとしての魅力と完成品としての魅力は別だと思う。

[キミは腐ったドラゴンのプラモデルを組んだことがあるか(前編) : 超音速備忘録](http://wivern.exblog.jp/26616343/)

[キミは腐ったドラゴンのプラモデルを組んだことがあるか(後編) : 超音速備忘録](http://pds.exblog.jp/pds/1/201702/12/15/b0029315_13500956.jpg)