2006/03/31(金)の日常

本日は代休を取って、兄貴の嫁さんの父上…立場上何と呼ぶんだコレは、「義叔父」でいいのか? の告別式に参加。故人は兄貴の結婚式の時に会ったっきり(当時オレはリアルで小学生)なので面識など皆無に等しいのだが、まぁ大人の事情って奴で…。

久々のスーツだがスーツはともかくYシャツ関連がもうダメだなー、後でまとめて処分しとかないと。10時からなので、9時ちょっと前に母をクルマに乗せて斎場に移動。

告別式の後は火葬場に移動。実はこの歳になるまで来たこと無かったンだよね…。話には聞いてたけどやっぱり機械的というか事務的ではある。しかし売店でなぜか日ハムグッズコーナーがあったり(コンサドーレコーナーは無かった)、喫茶で喪服を来たいい年した集団が揃ってソフトクリーム喰ってるのはなんつうか、すげぇ変。

んで遺骨、聞いた話じゃ「ボロボロになって人の形に落ちてる」って事だったのだが、いやコレはちょっと…。半分完璧に標本のようです。頭蓋骨も肋骨も骨盤も大腿骨も完璧に立体構造を保ってる。物凄く骨の頑丈な方だったようで…なにせシベリア抑留経験まであるしね。おかげで砕いても砕いても骨壷に入りきるかどうか見てて不安なまでに。意外に見ていて精神状態は平気だったのだが、甥と姪が深く悲しんでて、そっちの方を見ている方がよっぽど辛かった。

そして斎場に戻り初七日と35日と49日を纏めて執り行い、その後食事会。その後挨拶しまっすぐ帰宅したらもう17時ちょい前。いい経験ではあったけど、すげぇ疲れた…。

ので帰宅後に寝てたら21時位まで寝てしまったり。寝すぎ。明日のイベントの準備とか全然してないし。

2006/03/30(木)の日常

色々と報告書書いたり。これはこれで結構疲れる…。

なにやら市販品の評価もやってくれとか言われたり。戦力になってるのかなってないの微妙な立場な気がするよオレ。残業しても仕方が無いので定時で退社。

帰りに大丸へ「巨匠 ・デ・キリコ展」を見に行く。タイトルが大仰だが要するに「ジョルジョ・デ・キリコ展」ね。圧倒されっぱなし、人はどういう領域に踏み込めばこういう絵をキャンバスに描けるのか。ピカソなんかもそうだけどまともにデッサンやるとバカウマだったりするんだよねこの手の人は。立体作品も一杯あって満足、ただ立体作品のライティングが強すぎてガラスに照明が映りこんでるのはダメすぎ。

[シンセ]moog The Little Phatty

http://www.moogmusic.com/detail.php?main_product_id=227 (OHP)

前から噂に上がってたmoogの新作アナログシンセがようやく登場。ボブ・モーグ博士の遺作で裏面には博士のサインが。

これで安けりゃ欲しいんだけど、約$1,475でこのコントロールノブの少なさはちょっと…。パネル見ただけで説明書要らない位のシンプルさはいいけど、フィルターのカットオフとレゾナンスがノブ共通でボタン切り替えってのがどうにも納得いかん、この二つは普通セットだろ。

とか思ってたら世界的にそういう意見が多いらしくて納得。ノブ5個だけのmicroKorgでさえデフォで独立してるというのに、あれはあれで本体だけで音色作ろうと思ったら死にそうになるが。あとエンベロープもフィルターとアンプはボタン切り替えでいいからADSRでノブを独立すべきだ、最低でもAとRは独立。

その辺の不満点が解消されて、かつ$1,000切ったらマジで欲しい。やっぱバーチャルアナログとリアルアナログって明らかな一線があるんだよなぁ…、PCM系だとPCがハードを上回った気もするけど。

2006/03/29(水)の日常

暇なのをうまくカムフラージュしてる時に限って「コレやってみてくんない?」と仕事が入る罠。実はきっちり監視されてたりするのだろうか、暇よりは適度に忙しい方がいいんだけど。

仕事中に自宅から携帯に着信。義姉の父が亡くなったそうで、明後日に告別式に出て欲しいとのこと。…ってその人は遥か昔の兄貴の結婚式でしか会った事がないし(当然顔も覚えてない)、血縁的にも「ほぼ他人」なんだが…。どうも「大人の事情」って奴で行かざるを得ないなってシオシオ。

ので仕方無しに明後日の代休を申請。休みっつーても朝から夕方まで拘束されるし、香典は出さなきゃいけないし。正直仕事してた方がマシ。いや亡くなった方に敬意は払うけど、ここまで自腹切らされるのもなんか納得行かん。

仕事も詰まってないので定時で退社。最近は積んでた雑誌とか消化してるとあっという間に夜が更ける。時間が欲しいなぁ。

2006/03/28(火)の日常

恐る恐る出社して昨日休んだ事を部長に謝る。全然怒ってませんでした、イマイチ性格が読めないなぁこの人。今までついた上司の中では技術的にも人間的にもトップレベルだと思うけど。要するに恵まれた環境だと自分では思ってる訳です。

とりあえず出張旅費の清算をする、思ったより手当てがでかくてちょっと嬉しい。なにせ前の会社は休職直前に「交通費+宿泊費ともに実費のみ、手当て一切無し」という状態になってたからなぁ。独身ならともかく家庭持ちには相当辛いだろうアレは。

あとは仕事を地道に。急ぎの仕事が一切無いのでどうも緊迫感無し。まだちょっと熱っぽいのもあって定時でサッサと退社。

帰りにツクモで玄人志向のPCIなUSB2.0カードを購入。NECチップの奴とVIAチップの奴があって、最近はVIAの方が速いらしいけど外部コネクタ数が二個しか無かったので(三個ある奴もあるけど売ってなかった)NEC製にしとく。ストレージ系デバイスを接続する訳でもないから、リファレンスチップの方が良かろう。しかしパッケージに「外部コネクタ三個」ってあるのに四個あるよコレ…、いや嬉しいンだけどさ。

さらにヨドバシに行ってつい安くも無いものを衝動買い、半分後悔、これについては気が向いたらそのうち。しかし模様変えでゲームコーナーが思いっきり遠くなったのは万引き対策でしょうか。「軽く覗いて行くか」という気にすらならない距離なのはどうかとも思う。

あとはCDコーナーでDonald Fagenの「Morph The Cat」を購入。輸入版のほうが安いけど訳詩が欲しかったので(詩の翻訳難しいんだよ)日本版、あんまし高くないからいいか。

モーフ・ザ・キャット
ドナルド・フェイゲン
ワーナーミュージック・ジャパン (2006/03/29)

まだ数回しか聞いてないけど相変わらず良さげ。しばらくiPodでループして聴くことにする。

さらに紀伊国屋でコミックス検索…うぅ在庫無しか。仕方ないのでJRタワーの旭屋書店で探すもやっぱり在庫無し、なので帰宅してからamazonで発注することにする。とりあえず「PLUTO#3豪華版 浦沢直樹」だけ買っておく。

PLUTO (3) 【豪華版】
PLUTO (3) 【豪華版】
posted with amazlet on 06.03.30
浦沢 直樹
小学館 (2006/03/24)

帰宅後にマシンにUSB2.0カードを入れてみる。OSのリファレンスドライバであっさり認識して激安定、というかマウスカーソルの動きが目に見えて滑らかなんだが…。このカードを買う原因となったまともに動かないUSBオーディオ系も問題解決。やっぱnForce2の標準USBは使わないほうがいい位のレベルかも知れない。

あとamazonからワルキューレの画集も届いてた。メール便以外の箱モノは結構速く届くんだよなamazon。

内容は…ちょっと値段の割に肩透かし気味かもー。初出の奴も多いけど、載ってないイラストとかあるし。「PLUTO」の方も前二巻が良すぎただけに、ちょっと息切れ感が。まぁ最後まで付き合いますけどね。

前の職場から質問メールが届いてた。ので「判りません」と返信(ぉぃ。いや実際資料無いと判らんモノを聞かれても困るし。

そんな事してたらいい時間なんでさっさと就寝。時間が足りない…。

2006/03/27(月)の日常

…あかん、マジで起きられないというか体が動かない。完璧に電池切れ。仕方ないので会社に電話、なんか部長が怒ってるというか呆れてるっぽい口調だったのが非常に気になる。あぁ明日出社したら謝らないと。

15時頃にようやく復帰、ここでやっと水と食料を口にする。しばらく経ってたら大分楽になったので、会社帰りに行こうと思ってた行きつけの皮膚科に行く。いや「ずっと寝てて、起きたら病院行きました」とか言い訳にいいかなと思って(ぉぃ。皮膚科では処方される塗り薬が代わった、やっぱり結構根が深い症状っぽい。しばらくは真面目に塗らんと。

その後近くのヤマダに行ってUSB2.0ボードを物色しようと思ったが、PC自作コーナーがかなり壊滅状態。せいぜい「ケーブル足りない」という程度にしか役に立たない模様。仕方ないので切れかかってた部屋の蛍光灯だけ購入。戻る頃にはまた具合悪くなってきた、やっぱり体力相当落ちてるっぽい。

部屋の蛍光灯を交換したらエラく明るくなって驚き。前のはドラッグストアの安売り品(一応国内有名メーカー品)だったのだが、これが一年ちょいしか持たなかった。今度は「パルック プレミア」っつー松下の長寿命がウリの奴。とかく蛍光灯って初期性能がすぐ落ちがちだがコイツは違うらしい、本当ならいいなぁ。

夜は溜めてた本を消化、「ブラック・ラグーン#5 広江礼威」が相当に切ない。コレもTVA化されるけどヘルシング同様原作に比べて相当ヘタレるんだろうなぁ…。しかし今回本編が壮絶な分オマケ漫画とのギャップが激しすぎてクラクラする(汗

[モノ]スタックス、コンデンサ型ヘッドフォンの新モデル

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20060327/stax.htm (AV watch)

AVフェアで視聴してブッ飛んで「いつかは買ってやる」と思って早数年。どんどんモデルチェンジしていくなぁSTAX…(汗)

比較的置き場所に余裕のある今なら買えない事もないが、ドライバーやイヤースピーカーの取り扱いのシビアさを聞くとやっぱり手を出しづらかったりする。SHUREのE4Cも欲しいしさ(ぉぃ。「貧乏時代に『STAXのシステムで音楽を聴く事だけが救いだった」とか言ってたのってリドリー・スコットだっけ?

何にせよ一度消滅した国内メーカーが今もなお元気に新製品を出す、いい事です。やっぱりそのうち買おう。

[モノ]RD-X5 EX化キットと番組ナビゲータの相性

人柱の方々の報告が上がってまいりました。

  • RDの予約情報取得でエラー(予約情報画面のフォーマットが若干変更のため)
  • RDの予約はエラーが出るが予約は出来ている
  • VitrualRDは動く

…微妙だなぁ、番組ナビゲータの新バージョンが出れば対応しそうだが(html整形・抽出は自分でカスタマイズ可能らしいので) とりあえず買っておいてEX化は先延ばしにしとくか?

2006/03/26(日)の日常

頭が痛くて7時前に目が覚める。なんか前にもハードな出張の後に頭痛がする事があったな…。クスリ飲んでるせいもあるんだろうな多分。結構辛いので昨日買ってきたもみじまんじゅうを一個食ってバファリンを飲む。空腹状態でバファリン飲むと後が大変だかんね(経験あり)

その後はひたすら溜めてたネット巡回やビデオを消化したり。BBSが固定の業者にひどく荒らされてるので全削除+対策しておいた。ただどうも特殊なPOST方法を使ってるらしいのでイマイチ安心は出来ない。現状スレのageも出来ないし(改造例はあったが何故か動かず…)別のスクリプトに入れ替えも考えた方がいいかなぁ。

昼過ぎに暇になったがまだ頭痛が酷いので再びバファリン。風邪引きそうで躊躇したが、どうにも髪の毛がうっとうしいので床屋に行ってサッパリする。しかしスタッフと客を合わせて男女比が2:6の床屋って一体。

床屋の後は北海道スバルに行って再びゴニョって、本屋に寄ってから帰宅。なんつーか郊外店の駐車場が危ない、免許取立て房が増えたか? 帰宅後は疲れたのか夕飯まで寝てしまう。

その後motoGPを見たりと色々暇つぶし。しかし体調は悪くないけど全く眠れん…、仕方ないので日記を書いて暇つぶし。こんなんで出社出来るのかオレは。

[motoGP]Rd.1 スペインGP

さていよいよmotoGPも開幕ですよ、ヤマハワークスのスポンサーがゴロワースからキャメルになったけど違和感が…。そしてドカに移籍してしまったセテがやっぱりなんか嫌、ドカは応援したいがこいつはなぁ。

で、前日の予選で予想はしてたがロッシが伸びない。波乱のレースになりそう&珍しく生放送って事で久々にドキドキ。…って1コーナーでロッシがコケるかー! リプレイで見たらエリアスと接触して1押し出されたのね、レース後にひたすらロッシにあやまるエリアスのシーンが何回もリプレイされててちょっと同情をさそう。まぁロッシに狙われたら何が起こるか判らんからなぁ。まぁロッシ本人に怪我が無かったのがせめてもの幸い、あの状況だと転倒したライダーを跳ね飛ばす可能性も十分にあった訳だし。

レースはセッティングもバシっと決まったカピロッシがひたすら逃げる。セテはいつものようにエンジンブローで途中でさよなら、なんかいつも通り過ぎて安心しますね(ぉぃ。実況スレでライコネンやぺターと同じくらい不幸を背負ってるとか言われたけど、それはその二人に大変失礼だと思うぞマジで。

カピロッシ逃げ切りかと思いきや、motoGPクラス初参戦のペドロサが凄い勢いで迫ってくる。カピロッシの豪快なライディングフォームに対して非常に綺麗なフォームのペドロサ。同じマシンでエースドライバーのヘイデンを置いてけぼりにして二人でひたすらバトル。いやマジで凄いかも>ペドロサ。

優勝すればスペンサーの持つ「最高峰クラス最年少優勝記録」を抜けたらしいのだが、最後の最後でタイヤが持たなくなって結局カピロッシが逃げ切り。いやいいレースでしたわ。転倒しながら地道に走ってきっちりポイントを取ったロッシもお見事。てかラップタイムを見る限りでは転倒がなきゃ勝てる可能性もあったらしく、勿体無いなぁ…。

てな訳で今年も色々楽しみである。しかし中野王子は相変わらず頑張ってるけど、ホンダエンジンで最下位の玉田…、正直今シーズンダメだったらマジでシートヤバイね…。


  1. 正確にはロッシが大きくバンクしたのにエリアスが反応出来なかったように見える