[Vectrex/光速船]カラー版Vectrex(プロトタイプ)

ラスベガスで開催中のCGE2014にて「カラー版Vectrex(プロトタイプ)」が展示されているとの事。おぉ実機残ってるんかコレ。

[光速船から大量のLCDゲームまで、ラスベガスで開催されている「Classic Gaming Expo 2014」の出展ラインアップが凄い « doope! 国内外のゲーム情報総合サイト](http://doope.jp/2014/0936835.html “光速船から大量のLCDゲームまで、ラスベガスで開催されている「Classic Gaming Expo 2014」の出展ラインアップが凄い « doope! 国内外のゲーム情報総合サイト”)

存在自体は結構前から知ってて、記事にしたはず…と思いきや見当たらないのでまだ書いてなかったっけか? 該当記事はコレ、この記事の個体を展示してるって事なんかな。

[Color Vectrex prototype alive and well!](http://home.earthlink.net/~jmorg/vectrex/VecColorLives.htm “Color Vectrex prototype alive and well!”)

使い物になるかどうかはかなり疑問ではあるけど、ちょっと面白いね。

[Vectrex/光速船]Flappy Bird for Vectrex 「Veccy Bird」

TLでフォロワーさんに「ロシアで光速船展示してる」「FlappyBird動いてるみたいだけども」とか言われて慌てて調べた所、Vectrex版Flappy Bird「Veccy Bird」なんてのがリリースされてた模様。

[Flappy Bird for the Vectrex? – Retro Games Collector](http://www.retrogamescollector.com/flappy-bird-vectrex/ “Flappy Bird for the Vectrex? – Retro Games Collector”)

全然気づいてなかった、というかコレを見て「そいやNewsGroupのrec.games.vectrexを購読してたはずなのに、ここ一年位新着記事がないような…」という事に思い立つ。調べたらNewsGroup自体は健在だったけど、GoogleReaderからFeedlyに移行した時から新着記事が読めてないらしい。

NewsGroupがRSS配信してないのか、Feedlyが認識してないのか不明だが、これどうにかしないと。

[VectorScan]Oscilloscope Asteroids via sound card

PCのサウンドカードのLR出力をアナログオシロに突っ込んでXYモードにすると絵が描ける。

それは知ってたけどちゃんとゲームに出来るもんだなー、結構まともな速度・精度出ていてちょっと驚き。

ただオブジェクトを描くごとに偏光ヨークを真ん中に戻してないから後でモニタが大変な事になりそうな気が…あ、それを解消するために枠描いてるのか、納得。

[光速船/Vectrex]ドンジラ先生のサイトはクローズしないことになった模様

年の瀬で「そいやドンジラ先生のサイトが今年限りだったか…」とか思い出したり。

[Classic Game Creations](http://classicgamecreations.com/ “Classic Game Creations”)

…ってページリニューアルしてるじゃん。年内クローズ撤回してるじゃん。良かった。ただ通販は既にクローズなのね。

今まで作ったバイナリイメージの配布しないかなー。VecMultiで動くと思うんで。

[ベクタースキャン]おにたまさんがゲームレジェンドにスターウォーズ持ち込み

紹介ずるの忘れてた、先日行われたゲームレジェンドでおにたまさんが「STAR WARS」のコックピット筐体を持ち込んだレポート紹介。

[ゲームレジェンドにスターウォーズ持ち込み – おにたま(オニオンソフト)のおぼえがき](http://www.onionsoft.net/wp/archives/1037 “ゲームレジェンドにスターウォーズ持ち込み – おにたま(オニオンソフト)のおぼえがき”)

気づいたらオレの動画も使われてましたw 自画自賛だけど、ネットで見られる動画としてはかなりクオリティ高いと思いますよ? プレイの腕前はヘロヘロだけどw にしてもオリジナルのAmplifone’25モニタ(この筐体にしか載ってない)、もう一回見たいなぁ。

[ベクタースキャン]Handcrafted Scope Clocks with circle graphics

「Maker Faire Tokyo 2013」で展示されてた。古いベクタースコープ計測器を時計にしちゃうキットがピンピン来る。欲しい…けど置き場所ないすね。

[Oscilloclock.com | Handcrafted Scope Clocks with circle graphics](http://oscilloclock.com/ “Oscilloclock.com | Handcrafted Scope Clocks with circle graphics”)

展示品は既に売れちゃったらしい。こうやって余生を過ごすのもまたいいのかも。

[ベクタースキャン]ATARI STAR WARS(+ESB) 実機プレイ動画

という訳で先日撮影した動画をエンコードしてアップロード、一回やると慣れるね。

まずは「STAR WARS」から。

ATARI STAR WARS(1983) on Amplifone’19 X-Y monitor

トレンチ面でフォースボーナス取ってないのは単にオレの腕前がヌルいせいです。すいません(汗

ESBへの切り替えがスイッチ一発の基板なので、そっちも撮ってみました。

ATARI STAR WARS THE EMPIRE STRIKES BACK(1985) on Amplifone’19 X-Y monitor

なんか市場の登録が色々おかしいが気にしないように(汗

コレで大体満足、あとは「GRAVITAR」の実機動画も時間を見て収録したいなー。

だいぶん前にアップロードした「VectorMAME + ZEKTOR ZVG + WG6100」の組み合わせで動かした動画と比較したんだけど、やっぱエミュだと再現度に問題あるね、絵だけじゃなくて音も気になる。

[ベクタースキャン]ATARI MAJOR HAVOC 実機プレイ動画(練習Ver.)

日曜日に頑張って撮影した奴をAviUtlでエンコードしてアップロードしました。しかしニコ動もYouTubeもちゃんと設定合わせてあるはずなのにアップした後に再エンコードかかっちゃう? なんだろ。

「ゲームで何やってるか分かんない」とかよく言われるので、ニコ動の方は投稿者コメによる解説付きであります。こっちは動画サイズ640×480ながら60fpsなので、マシンパワーが追いつけばちゃんと60fpsで動きます。いい感じ。

同じ内容をYouTubeにもアップロード済み、こっちのが画面サイズが960×720とデカいけど、強制30fpsなのが痛いなー。

これ攻略動画だと尺の問題もあるので、3Level位をまとめて編集するしかないのかなー。どうしよう。

ちなみに基板はTEMPESTコンバージョン版ですが、クロックをオリジナル相当にして、音源チップもオリジナル同様Quad Pokeyに載せ替えてます。念のため。

[光速船/Vectrex]X68000ソフト「COMET」とATARI「Quantum」の関係

昼休みになんか突然知らない人からTwitterでリプライが。「All About 光速船」にリンクを貼ったと。んで見てみたらまた凄い内容!

[50年代の画面表示技術 – 80年代の画面表示技術 – 魔法使いの森](http://www.wizforest.com/OldGood/ntsc/vector.html “50年代の画面表示技術 – 80年代の画面表示技術 – 魔法使いの森”)

そして最終ページでようやくリンクを貼られた理由が分かった。と、言う訳でまさかのX68k「COMET」の作者さんから「Quantum」との関連性に関する回答をいただいてしまった、ただただ恐縮。このページ以外も面白いコンテンツ多くて流石です。

[魔法使いの森](http://www.wizforest.com/ “魔法使いの森”)