2019年03月27日(水)の日常

目覚ましで起床。なんかしんどいな、と思いつつカーテンを開けたらビックリ、なんか雪積もって真っ白なんですけど。

昨日ようやく「氷・雪を踏まずに通勤出来るようになった、春だなあ」とか思ってたのに。まだ雪の塊はそのへんに積もってますけどね。

出社した後は淡々とお仕事。ここ最近調べていた件は大体収束したので、明日のミーティングに備えて資料を作成。なんとか夕方前には一段落。

頭が疲れたのでお茶菓子が欲しいがこういう時に限ってストックがない。ミニ羊羹はあるけどコーヒーに合わないんだよコレ。

…定時まで一時間ちょい、流石に仕事を再開する気にはなれないのでサボりついでに「ガチで内地にクルマで行く」手段を調べる。まあ実際に行動に移す前にもうちょい体力を付ける(戻す?)方が先ですが。

問題は北海道からだとフェリーを使わないとどうしようも無いこと。航路は「函館・青森」、「苫小牧・八戸」、「苫小牧・大洗」航路辺りが現実的か。移動速度が遅いから距離が長くなると飛躍的に乗船時間が長くなるけど、料金はそこまで差はない印象。

要するに単に関東に行くんだったら「苫小牧・大洗」一択である。ただ乗船時間が20時間近い、つまりは丸一日潰れるのよね。ただ一番早いであろう「函館・青森」間フェリー移動だと実に自分で13時間くらい運転しなきゃならない。そんな事を考えるのも楽しい。

定時でサクッと退社。帰り道はすっかり路面の雪が溶けてて驚く。結構寒いのに割と溶けるもんですね。

帰宅して、冷凍ごはんのストックがないため即炊飯。お腹が空いたがご飯を炊けるのを待つしかない。というかご飯用ジップロックコンテナの予備を買い足すべきか。でもあれ売ってない事が多くて。冷凍用ごはん容器はコレが一番良いと思います。

炊けるまでの間に新規イベントが開始したFGOでとりあえずピックアップガチャを回すも10連でめぼしいものは出ず。FGOガチャはやっぱりクソだわ、と思ったら呼符でドレイク姐さんが出たのでちょっと許す。弊カルデアの黒髭が喜んでる姿が見えるようだ。

Twitterで「最近出てるレトロゲーム本がアレ」というネタが盛り上がってる。まあ事実なんだろうけど、過去の「ALL ABOUT NAMCO」の時点で完璧というわけでもないしなあ。「メーカーから提供された情報(楽譜とか)がそもそも間違いだらけ」なのはどう解釈すべきなのか。

中にはいい本もあるけど、多くは買う価値も無いというのには同意する。問題はその価値の無い本のせいでいい本が売れなくなる事だと思います。

ごはんが炊けたら晩メシを食って風呂に入って。のんびりとFGOイベントを開始する、…って1フロア広すぎるわ!(汗) 行灯の意味がほとんど無いし、画面暗転ロードが多いし(ロードが遅いらしいAndroidだと死ぬのでは)、んで長い待ち時間を経て進んだ先に居る敵が序盤という事もあってか全然強くない。正直かったるい。

全体の雰囲気やフレーバーテキストからして「8bit/16bit国産PC時代のRPG」の雰囲気を再現してるんだろうけど、なんだかな。あと左のゲージが一体なんなのか現時点ではさっぱり分からぬ。とりあえず印籠と花札を二個ずつ拾った辺りで根負けして今日は終了。

後片付けをしてソファに戻ったら既に23時過ぎ。MXで「ケムリクサ」最終回は終わってるけどBS11での放送にはまだ時間がある。と思ったらAmazonプライム・ビデオでもう配信が始まってるとか。そっちで見るか。

んで「ケムリクサ」良かった、良かったけど…正直11話を見た時の衝撃を超えられなかったというか、王道ではあるんだけども。何より全体的に演出が荒くて「製作が間に合わなかったんかなあ」と感じる部分が多いのがつらい。そういうのを気にしちゃう時点で負けなのです。

もう一度頭から見てみるつもりではある。多分見え方が全然違うと思うので。そいや「けもフレ」は3周くらい見た記憶が。

その後は「わたてん」最終話も見る。こっちは異様にクオリティが高くて満足。すごくいい作品でした。「一切男性が出てない?」いやそういう世界観じゃないのかな(鼻ホジ

なんか眠れないので、YouTubeを見たら「現役ドライバーによる新型スープラレビュー」をサジェストされたので見てみる。そうしたら未だに「ドアを開け締めして剛性を確認」とかやっててげんなりする。そんなのはヒンジとストライカーでどうにでもなるからボディ剛性には関係ないってば。

スープラ自体はやっぱり「動いていると格好いいなあ」という感じ、フロントのサスアッパーマウント辺りの補強も凄くて金かかってる感。ただ内装がやっぱりBMWっぽくて好きになれないけども。

本日のネタ。後編もすげえ内容だった、ちょっと眉唾な話も多いけど。「AutoTuneが個性を殺した」というのは大きく頷ける話。

[石丸元章 『危ない平成史』#02 絶望から始まり絶望で終わった平成の音楽産業・後編 Guest:sinner-yang from O.L.H. | HAGAZINE ―マルチバースを生き抜くためのカルチャーメディア](https://hagamag.com/series/s0058/3120)

シャープの肩のせスピーカーがいい感じ。ちょっとお値段が高いが欲しい。ちょっと席を外してても音がモニタリング出来るってのは重要なんですよ。特にキッチンに立ってるとテレビの音と絵が全然届かなくなるし。

[【小寺信良の週刊 Electric Zooma!】肩のせスピーカーの新スタンダード!? シャープ「AN-SX7」がイカす-AV Watch](https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/zooma/1176570.html)

最近のクレカはカード自体に番号を表記しない方向になってるのね、日本もこの手の「カード番号未記載」は導入してないんだろうか。財布からカードを出すのも躊躇するようなご時世だし。

[Apple Cardはクレジットカード詐欺をずっと難しくする | TechCrunch Japan](https://jp.techcrunch.com/2019/03/26/2019-03-25-apple-credit-card-fraud/)

みんみなフィギュア製作記。初心者向けのプラモ記事としては非常にいい出来です。肝心のプラモが塗装すると全然初心者向けじゃないけども。

[君は500円フィギュアの裏側を見る。~「minimum factory かばん&サーバル」レビュー②~ – けものつれづれ](https://ironyart.hatenablog.com/entry/2019/03/25/063000)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です