[自動車試乗]MAZDA CX-5 XD PROACTIVE 4WD 6AT / CX-3 XD Touring L Package 4WD

最近色々と気になっているマツダで試乗をしてみた。条件は「4WD」「ハッチバックかワゴン」「ガマンしないで済む動力性能」という訳でCX-3/CX-5辺りをターゲットにしてみる。

まずはCX-5、ブレーキでドラポジを合わせてから走り出したら、アクセルペダルがオルガン式なんでドラポジが合わない。何回か調整、ハンドルのチルト・トレスコ調整量がデカイとドラポジも決まりやすい。納得が行ったところで発進。

普通に走りやすいクルマです。結構デカいクルマだが、乗っている分にはあまり大きく感じないし、四隅の見切りもいい。こういうのがいいクルマなのだろう。とにかく嫌な所があまりないという印象。ただアイドリング音は流石にガラガラと煩い。走ってる時にはあまり気にならないけど、ここはディーゼル丸出し。ブレーキを強く踏むとアイドリングストップになるのだが、つい多用したくなる程度に煩い。

道の空いてる所でちと踏み込んでみる。うむ流石にそこそこ速い、でもオレのGRBほどじゃあないのね。怒涛のトルク!とか書いてあるから凄いもんだと思ってたけど、もうちょい走りこめば中低速のトルクが太いことに感激するのかも知れんけども。足回りは当たりは柔らかいけど、そこまでフラットライドでもない。

降りてみたら改めてその巨体に驚く。こんなデカイのを普通のクルマとおなじ感覚で振り回せるんだが結構凄いんだな…。長距離が楽そうな印象ではある。

続いてCX-3、外観は慣れるとかなり格好よく見える。内装も白の革が実にオシャレである。…正直やり過ぎ感も否めないが。この丸型のエアアウトレットが浮いててな。あと流石に幅が狭い。そこは仕方がない。

こっちはなぜかドラポジが合わせづらい。最後まで違和感を感じつつも出発。む、こっちは更にエンジン煩いのな(サウンドスムーサー未装備)、割と元気なエンジンではあるが、この音はちょっと気になるぞ。足回りはリアが明らかにCX-5よりピョコピョコして印象良くない。サイズが小さい分の割を食っている感じがかなりする。

フル加速をしてみたら、やっぱり排気量小さいから音がアレでして。いや必要十分だけどな。

そんな訳でCX-3とCX-5、乗りやすいいいクルマだとは思ったけども、じゃあ凄くいいかと言われたら「ううむ…」と答えるほかない。減点法で言えば減点は少ないので、エクステリア・インテリアで加点と思う人にはいいんだろうなー。

特にCX-5は長く付き合うならいいな、という印象はある。CX-3は格好良いんだけど…なんつうかCX-5に比べて中身がガキっぽいっつうの? とにかくまだ熟成しきってない感じがかなりする。発売遅れたのはセッティングに難航してたんじゃないのかな、多分このリアサスだと劇的に良くなるとも思えないんだけども。

ただ、うちのWRX STI(GRB)に比べてもそこそこカッチリはしてるし(剛性感はGRBより若干落ちる)操作系はスムースだしブレーキの感触はいいし、という感じ。多分世間的にはかなりいいクルマなんだろう。あとフル加速が大したことない件に関しては、うちのGRBがアタマおかしいという事で。S#で踏むと命の危険すら感じるしな。

しかしGRBよりアイドリング音がバカデカイ(特に遮音材が少ないCX-3)のは本当アレだと思います。今どきのディーゼルっつーてもこんなもんなのか? あとガソリンエンジンだと回すと振動が収束されて気持ちよくなるもんだけど、ディーゼルは煩い振動がそのままデカくなるだけ、という印象。エンジンは「扱い易いけどガサツ」な印象だ、特にCX-3はプレミアム性が売りなのに、エンジンは全然プレミアムじゃない感じがとてもする。

ま、今のクルマがGRBじゃなかったらなー。でも今のちょっとアレなスバル車とは十分競合というかむしろ魅力的かも、とか失礼な事を思いつつ見積も出したらGRBの下取り価格が思いの外良くて驚く、いやいや待て。そんな訳でカタログを貰ってディーラーを退散。

…いや、正直言えば最近のマツダ車って絶賛されてるからもうちょっといいもんだとは思ったんだよな。長距離乗れば分かるのかな。

前に載ったマツダ車がすごい古いんだけど、二代目デミオと出たての頃のRX-8、この二台は本当良かった。まだ日記ログも残ってるはず。この時くらいに感動したかったかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です