[Vectrex/光速船]チラシの裏というかネタ

こないだセブンイレブンにおいてある複合機でA3カラースキャナが一枚30円で出来る、っつー事で光速船のチラシ(ソフト同梱の奴)をスキャンしてみました。コレA3の四つ折りなので、ずーっとスキャンしたかったので感無量。

それはさておき、改めてよくよく見ると面白い事が。

光速船を持つ子供チラシ右上(本体外箱にも居る)に居るこの子供、なんの代わりも無いように見えるが…


子供が持つ光速船本体本体(あらかさまに合成)をよく見るとなんか変


量産版光速船で、実物はコレ、つまりデザインが微妙に違うのねん


試作デザイン版光速船コントローラもうちょい見てみるとコントローラも微妙に違う。ちなみにこの写真も本体外箱にそのまま使ってる


量産デザイン版光速船コントローラ実際のコントローラはこんなデザイン


と、言う訳で「チラシ及び外箱に使ってる光速船と、実際の中身はちょっとデザインが違うよ」ってな話。気づいたのは大分前だが、チラシをスキャンするついでにネタにしてみた。

幸いな事は「実際に市販されたバージョンの方がずっと良いデザイン」って辺りか。本当良いセンスである。個人的には「光速船>欧州版Vectrex>米国版Vectrex」の順に好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です