[iPhone]Tweetingsのちょっとした技

現在iPhone用のTwitterクライアントは「Tweetings」を使用中である。最初は不安定だったし、最新バージョンだと大分安定したけど3Gだと設定でどうにかしないと遅すぎて使い物にならないとか色々あるけど、iPhone4ならきちんと動く。

それなりに高機能だし、公式RTと非公式RTが使い分けられるのもでかい。これで一斉返信があれば…とは思うけど滅多に使わんからなぁ。

このアプリを使ってる最大の理由は、ベースとなった「夏ライオン」と同様オートリロードが付いていて、しかも給電状態+アプリフォーカス状態ならスリープモードに入ってもリロードが有効な事。コレを利用して寝ている間のTLが取得出来る訳だ。寝ている間のTL流し読みがちょうど通勤時の暇潰しにいいのよ。

で、iOS4になってからマルチタスク化して「アプリを立ち上げたままでiPodアプリで選曲可能」になって便利だなーと思ってたんだけど、何故かiPodアプリで音楽を再生している&Tweetingsがアプリフォーカス状態ならスリープモードかつ無給電でもオートリロードしているのに気づく。…要するに何らかのバックグラウンドプロセスがあれば給電無しでもオートリロードする仕組みなのかなコレは。

これを利用するとボリューム最低にしてiPodアプリで音楽を無間ループ状態で流し(事実状鳴らない)、「Tweetings」を立ち上げてアプリフォーカス状態のままスリープモードにすると後は給電しなくてもオートリロードされる、これが地道に便利。

「居ない間のTLは見る必要が無い」というのもTwitterの使い方ではあるけど、今のフォロー人数だと時間帯によっては数十分前の発言すら追えないからなー、つまり風呂とかメシとかでもうTLが途切れる事がある。マジメに読むと辛いけど流し読みなら1,000件超えてても割と楽なモンです、どうしてもというならMentionsだけ見れば良いし。

ちなみにPCではTween使っております。世の中には「Webでしかアクセスしない」という人も結構居るし(PC版ともかく携帯公式はヒドくないかアレ)、ま、人それぞれの使い方があるという事で>Twitter。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です