2009年10月29日(木)の日常

目覚ましで起床、ようやっと平穏が戻ってきた感。

仕事は朝っぱらから営業に「この仕事の見積もりを作って下さい」とか言われてかなりゲンナリ、いやそれはそっちの仕事だろう?と噛みつくと「自分が作ると技術的に抜けが出来ちゃう可能性があるので…」とか言われる始末。じゃあ技術系の仕事の営業なんかやるなよ!と思いつつ色々調べて適当に箇条書きして提出、流石に書類にまとめるのはあちら任せで良かろう。

それにしても、自分の担当外の仕事をやった後の異様な疲労感ってなんだろうねコレ…。

その後も紆余曲折あったり、久々にハード絡みの仕事をやって最終的に繋げてテストをやったらシリアル通信が安定しない。自分の所にハード単体を持ってきたらド安定なのに何故?

30分位悩んでようやく理解、コネクタがちゃんと刺さってなかった(汗) 全く通信出来ないならまだしも、ノイズがやたら入るような意味不明の不安定さだったのでまさかこんなクリティカルな問題に気づかないとは…、てかちゃんと刺さってない状態でこんな状況に陥るRS-232Cってある意味凄い。

そんな訳でちょっぴり残業して退社。仕事中は気づかなかったけど、ふと気を抜くと目がすんげーショボショボする。どうしたもんか。

帰宅後は疲れる事もあって作業をこなしつつダラダラと。一応ストーブはいつでも点けられる状態にはなっているのだが、それ以外の場所が本当にヒドイ有様なので、週末はマジメに掃除というかモノを捨てたり売ったりする算段を立てた方がいいなコレ。まだ夏物の洋服がそこら辺に積み上げられてる有様だし。

そいや任天堂がDSi LLなんてモノを発表したそうで。ついこの間真っ赤なDSiを買った身としては一瞬「なんでこうタイミングが悪いんだ!(PSP-3000も値下げ発表直前に買ってしまった…)」と思ったが、実物を見て冷静になる。

コレ、内蔵ソフトや持ちやすい(けど本体に内蔵出来ない)スタイラスが付いてる時点でもう高齢者向けなんだな、あるいは児童向け。こういったハードが出せるという体力は評価するけど、やっぱ二万は高いし(Wiiと同じ値段ですぜ)個人的に初代DSからDSiに変更した時に「本体小さくて軽い!画面デカい!」と感動したクチなので、本体がでかくて重くなる分には要らんなーと。

ただ兄貴辺りは買いそうなんで、実物を見てから改めて評価を下したい。個人的にはこれで外部TV出力があればなぁ…、という感じ。

MONDO21のシューティングゲーム攻略軍団を見てから就寝、それにしても「ウルフファング」は今見てもドット絵の演出が素晴らしい。昨今のリバイバルブームで各種シューティングも色々新作が出てるけど、純粋なドット絵でリメイクってないんだよね、やっぱ工数かかるんだろうなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です