2008/06/23(月)の日常

何故か目覚ましが鳴る30分前に起床、だから4時間しか寝てないっつーのに。

仕事は何人か先週末から休み無しで出張している状態で、こんな状態でダラダラやるのもなんか非常に申し訳ないのでちょっと気合いを注入。うぅアセンブラでパイプラインハザート警告が出る場合と出ない場合があるのはどうにかしろ(汗

…なんか「2~3日かかるかな?」って仕事が一日で終わってしまった。気合いの力は素晴らしい、と言いたい所だが仕事を終えた後の疲労度も2~3日分な罠。いやマジでキツイ。フラフラになりつつ退社。

帰宅途中でふと思いついて珍しく缶コーラを自販機で購入。帰宅してから飲んだら大分体調が戻った、血糖値が下がってたっぽい。それでもまだダルい。

その後はニコ動にTopGear最新シリーズが早くもうpされてたので(本国放送からまだ24時間経過してない…)つい見てしまう、相変わらずバカでいい。それにしてもあの三人は本当にプリウス嫌いなんだなー、見せかけのエコに騙されない姿勢は日本のマスコミも見習って欲しいが多分無理。

あとはMGS4をとりあえずAct2まで進めたり。MGS1は比較的覚えてるのだがMGS2の記憶がかなり曖昧です(汗) 当時仕事がクソ忙しい中、正月休みを使って無理矢理クリアしたような記憶しかねぇ。

あと真夜中にプレイすると「スネーク!PS2の電源を早く切るんだ!」と頻繁に無線を繰り返した挙げ句、意味不明な事を延々としゃべり出すキャンベル大佐がトラウマ。下手なホラーよりよっぽど怖かった…。


### [時事ネタ]ランサーエボリューションXのツインクラッチSSTについて リコール等の重要なお知らせ(MITSUBISHI MOTORS JAPAN)

SSTについて「ギアをバックに入れた時に実際にはバックに入らないのにシステム上でバックにならない(インジケータ、バック警告音が鳴らない)」っつー深刻なリコール、ちょっと前に新聞にも載りましたな。ま、この手のツインクラッチシステムの初物はやっぱり博打だねぇ、とか思ってたのだがメーカーの公式文書を読んで驚愕。

> 全車両、電子制御ユニットのプログラムを変更し、後退用ギヤが噛み合っていないときは、シフト位置表示を点灯から点滅に、また、後退位置警告ブザーの間隔を通常より短い間隔に変えることによって、運転者に警報を発するようにします。また、後退用ギヤが噛み合わない場合があることについて、使用者に取扱い上の注意喚起をするとともに、取扱説明書を変更し、周知を図ります。

…つまり「警告が出ない場合がある」という最悪の状態は直るけど、「ギアをバックに入れようとしてもバックに入らない事がある」というのは全く直らないのだなコレ。いや停止状態以外でギアをバックに入れようとすれば入らなくても文句は出ないと思うが、実際の所どうなんだコレは? なんつーかこんな提示内容でリコール対策になっちゃう事が驚きだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です