[備忘録]フォルダを開こうとするとエラー メッセージ “アクセスは拒否されました” が表示される

古いHDDのパーティションを切り直すために一回データを待避させようと思い一気にコピー。しかし特定のフォルダやファイルで「XXXXにアクセスできません。アクセスが拒否されました」って出てしまう罠。

OS再インストール前にはちゃんとアクセスできたからファイルがぶっ壊れてるとも思えないし。重要なデータでも無ければ捨てちゃってもいいんだけど、最悪な事にここ二年くらいの写真関係フォルダが全滅…、NTFSだからセキュリティの関係かと思ったがどうやってもそれっぽい画面が出てこない。どうしたもんかー。ってGoogle先生に聞くとあっさり回答発見。

> フォルダを開こうとするとエラー メッセージ “アクセスは拒否されました” が表示される(MicroSoftサポートオンライン)
>

つまり

> 1.簡易ファイルの共有を無効にします。
> a. [スタート] ボタンをクリックし、[マイ コンピュータ] をクリックします。
> b. [ツール] メニューの [フォルダ オプション] をクリックし、[表示] タブをクリックします。
> c. [詳細設定] の下の [簡易ファイルの共有を使用する (推奨)] チェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。

これがミソだったのな。これを外したらきちんとしたパーミッション設定画面が出てきて一安心。つーかこれをデフォルト設定にするなよMS…。という訳で無事コピー完了。

しかしProfessional以上を買う人にとって「簡易ファイル共有」って邪魔でしかないような…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です