2021年01月11日(月)の日常

本日は祝日だけど出勤日、でも有給を取っております。だって休みたいじゃん。普段の在宅勤務と同じ時間に起床して、朝メシを食った後にゴミ出しを済ませて一息。

NHKは祝日でも朝の番組構成は変えないでほしいんですが。なんで朝からカネオくんの再放送をやってるんだコレ。一方スマホには会社用Teamsの出社報告が相次ぐ、みなさんお疲れ様です。本当に仕事してるのか知らんけども。

TLを見てたら「在宅勤務は『自分の家を仕事場として会社に貸している』状態」という指摘があって、全くその通りだと思う。なので在宅勤務している時間はきっちり記録を取ってるし、光熱費も昨年比で出して後で提出する予定。うちはマンションで断熱がしっかりしてるからかなりマシだけど、木造アパートとか一戸建てとかかなり差が付きそうだしなあ。

その後は書籍自炊の続き。表紙のスキャンは終わったので「表紙と本紙の分離」を行う。コレが割に大変。やり方は人ぞれぞれだが、自分は結局「ブレーキクリーナーを本のノドにぶっかけて接着剤を軟化させて力業で剥がす」に行きついた。綺麗にやるならアイロンやヒートガンとか色々あるんだけど、結局のところ本のノドを綺麗に分離した所でメリットなんてあんましないのだ。接着剤が残った原稿をドキュメントスキャナに突っ込むと悲惨な事になるし。

しかしブレーキクリーナーは実質IPAスプレーな訳で、大量に使ってると具合悪くなってくる。なのである程度作業したら窓を開けて換気の繰り返し。

昼すぎに腹が減ったので昼メシ。鏡開きなので鏡餅から餅パックを取り出してきな粉餅にして食べる。旨いけど小さい鏡餅で全然足りないのでチーズトーストも焼いて食べる。

食事の後に作業の続きをしてたらブレーキクリーナーが切れそうというか、残りの冊数に絶対足りない。ので仕方が無しにホームセンターまで買い出し。愛用してたブランドのブレーキクリーナーが廃番になったらしいので代用品を購入。洗浄剤とかの混ぜ物があるとインクまで溶ける可能性があるので、出来るだけ混ぜ物が無い方が良いです。つまりは安物の方がいい。

昼メシが物足りなかったけど、マクドナルドで食べるほどでもないし。悩んでコンビニで肉まんだけ買って帰宅。肉まんおいしい。

その後も淡々と作業。気づいたらすでに夕方。後片付けをしている間に就業時間が来て、スマホの会社用Teamsに退勤報告が。一日何をしてたんだオレは。

どうも体を動かさないのも不調の原因な気がしたので、久々にリングフィットを再開。ちょっと気になる事があるのでアドベンチャーモードの三周目をやってみたけど、なんかワールド1の「通常ステージx2+ドラゴ」という構成だけで実時間30分の消費カロリー100kCal近いんですが。いやちょっと待ってワールド1ってもうちょっとヌルくなかった? 三周目をガチでクリアしようと思ったらかなりきついのでは。

風呂と晩メシも済ませて一息。

ニトリから先日ポチった「重い毛布」の発送メールが来ていた。「予定通り明後日には届くな」と思ったら、しばらくして「大雪のため配送が遅れます」というメールが来る。「しゃーない」と思いつつネットで荷物追跡してみたら今日すでに札幌に到着していた。いや水曜に届くならそれでいいけど。物流が混乱してるから急かさないようにしとこう。

ようやく「ヤングキングアワーズ」も読む。「ドリフターズ」が久々に掲載されてたので調べたら2020年は二回しか掲載してなかった。マジか、季刊ですらねえ。7巻に載せるだけの原稿はあと半分くらいかコレ? 完結するのかなあコレ。

ネットで「新型ノートの最低地上高は120mm」というのを見かけて調べたらマジだった。それ冬道で非常に厳しいわ、ちなみにe-Fourだと125mm、ミニSUVのキックスはFFモデルのみ。日産って一体。ちなみにNDロードスターはあの見た目に反して140mmもあって助かる、というか140mmあるからなんとか冬も走れてる感じ。他にも調べたら現行スイフトスポーツが120mmであった。なんか冬になったら見かけなくなるのコレが原因なのか?

色々やることが山積みなんだけども、どうにもやる気が出ずに連休が終わってしまう。やっぱりなんか色々とダメっぽい。

本日のネタ。ちょっと夢がある、実際に見た時にガッカリデバイスになりそうだけども。

Lenovo、5面ディスプレイ表示可能なARメガネ「ThinkReality A3」を年内発売予定 – ITmedia NEWS

「低温調理機能のついた炊飯器」というのがあるらしくて、調べたらコレっぽい。1℃単位で設定できるのは強いなあ。値段も安いので「炊飯器」じゃなくて「低温調理器」として割り切って買うのもありかも知れない。スロークッカーもあるけど、あれは温度調整が出来ないのが惜しくてなあ。

低温調理もできるマイコン炊飯器。1℃単位で温度設定、ハイアール – 家電 Watch

ローランドのトラックメイクマシンがちょっと面白い。いや自分に使いこなせるとは思えないから買うつもりはないんだけど、こういう形の作曲ツールが出てきたんだなあと。

NAMM 2021: ローランド、“ボーカル”と“曲作り”にフォーカスした新感覚マシン、「VERSELAB MV-1」を発表 – ICON

Roland VERSELAB MV-1 | 即戦力のオールインワン・トラックメイクマシン – Digiland (デジランド) 島村楽器のデジタル楽器情報サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です