2020年03月22日(日)の日常

10時半頃に起床。よく寝た。

なんかニュースを見るたびに欧州が酷いことになっててつらい。特にイタリア、死んでしまうん?

洗濯と掃除を並行しつつビデオを消化したり。「力石の葬儀はアニメ開始直前でタイアップでもあった」という話が、真偽はともかく色々と納得はするなあコレ…。

TLでマツダ3で高速道路を走行中に自動ブレーキが誤作動して減速させられる現象を見る。問題だとは思うけど、Tweetしている人曰く「フルブレーキ」って、いやこんなの全然フルブレーキじゃないんですが、本気でブレーキ踏んだ事ない人なんだろうかなあ。

にしても最近の仮面ライダーゼロワン、色々スポンサーの兼ね合いとかで仕方がない部分もあるけど脚本が雑だな…。そこまでキカイダー01みたいにせんでええんやで。

今日は晩飯にガッツリ食べるので昼は軽く済ませておく。

その後は掃除を進めつつ、今まで棚上げにしてた作業を色々と。保証延長を受けるために「BEHRINGER RD-8」のユーザー登録をしたり(海外サイトに領収書のアップロードとかしないとダメ)、今月末で保有期限が切れるフレッツ光メンバーズのポイント交換をしたりと。

先週届いて放置してた「ひかりテレビチューナー」も取り付けてみる。勧誘電話がしつこくて、「二ヶ月無料で試しませんか?」って言われたので根負けして「それなら」って頼んだ後に月額料金を見て「高すぎ」とか思ってしまった奴。

そのまま返そうかなとも思ったけど試しに付けてみる。…ううSTBのUIやらレスポンスがいまいち厳しい。これはあかんわ。何より一番の問題は「テレビ本体のHDMIポートが足りてない」事なんだよね。有機ELなレグザには7ポート付いてるけど、やっぱりこのくらいは欲しい。

なんか「楽園コミックス」系がセールという事で、前から気になってた「微熱空間」が一巻だけ半額だったので買って読んでみる。…いかんコレはオレの好きな奴だ。んでも楽園コミックスは全部そうなんだけどKindle版の画質がひどい。おまけに高い。続きが読みたいが買うのに躊躇するなあ。

微熱空間 1 (楽園コミックス) | 蒼樹うめ | マンガ | Kindleストア | Amazon

一昨日実家に行ったので恒例の「日曜夜の実家」は本日無し、友人と飲みの約束を入れたので夕方から移動。…ってまた改札前で通勤用定期を持ってくることを忘れたことに気づくし。取りに戻る時間もないのでモバイルSuicaを利用。本来タダなのに往復500円、つらい。

すすきの駅で降りてちょっと歩く、なんだか妙にガラガラだ。店の前で集合して三人で突入。本日の「実家のマッサージ椅子なう」は都合によりお休みです。

「なかよし餃子エリザベス」という、人気があって中々行けない所なんだけど、まあこのご時世なんで。オレは初めて来たので友人に色々と適当にメニューを見繕ってもらう。餃子屋だから当たり前だけど餃子が旨い。普通の餃子も旨いけど、緑っぽい「羊とクミンの焼き餃子」がすんごい癖が強いけど旨い。

単品料理も安くて旨いです。なるほどコレは若い人に人気が出るのも納得だわ。

散々飲み食いとバカ話をして撤退。まだ時間が早いので二次会に「串カツ田中」に寄ってみる。ここも地道に初めて。若い人が多くて活気あるなあ。

串が安いのもいいけど、「肉吸い」という「牛すじうどんからうどんを抜いて代わりに豆腐を入れた奴」がしみじみ旨い。これ地道に低カロリー、高タンパク質な食事なのでは。

ここも撤退して、帰りに狸小路のお土産屋を冷やかす。六花亭のチョコが安かったけどオレはスルー。というか今自宅にお菓子が山積みでしてね、貰っても食べ切れないんだよ…。

それにしても全体的に人が少なかった。どっちかと言うと外国人観光客が居ないっていうほうが正しいんだけど。中国語の聞こえない狸小路とか何年ぶりだろう。本当コレが続くとあちこち潰れるよなあ。

20時過ぎに解散、たまの日曜に友人と飲みに行くのもいいな、行ったことなかった店にも行けてよかったし。いい日だった。

飲みに行く前にコンビニATMで現金を下ろして来たのに、飲み代は全部PayPayの個人間送金で済ませたので現金を一切使わなかった。PayPay、全員使えると割り勘とかすげぇ楽でいいです。

帰りにコンビニに寄ってから帰宅。風呂に入って、風呂上がりにコンビニで買ってきた(ローカロリーな)アイスを食べる。美味しいのう。

今日は比較的酒が飲めた、割には早めに酔いが抜けたと思ってトイレに行って酒臭さにビックリする。自覚してないだけかコレ。

テレビの録画をチェックしてたら、BS11で放送していたFate HF第二章が録画されてた。今は見る気になれんなあ。第三章は見に行くけども、ちゃんと予定通り上映するんかしら。

時間が余ったので先週のファミ通(マガジンWalkerで読める)の「十三機兵防衛圏特集」を読む。「クリア済みユーザーからの質問に開発者が答える」コーナーがゲーム中で謎または曖昧になってた箇所の補足になっていて、なるほど確かにクリアした人は必見だな。しかしキャラ人気投票の結果はちょっと意外だったかも。

「十三機兵防衛圏」の総評としては「凄く良く出来てて、かつ挑戦的な内容」だとは思う、けど個人的には「絶賛」とまでは行かないかなあ。今どき新規IPでこんだけ作ったの(しかも続編の予定もない)のは凄いけども。

次は序盤で止めてる「デス・ストランディング」を遊ぶか、と思ってたけど発売前から予約してた「Gears5」が詰んだままなので、こっちをとっととクリアしようかなと。Gearsシリーズはキャンペーンだけなら十数時間で終わるだろうし。

「映像研」の最終回までちょっと時間が余ったのでNHKスペシャルを見る。新型コロナウィルスのパンデミックの話。大筋では理解出来るしもっともな話なんだけど、なんか「感染したら死に至る」前提みたいな作りがなんとも。

日本で感染者数が増えてない説明も一切なされていないのも気にはなる(理由はいくつかある)、なんか無責任に「怖がれ」みたいな番組の作り方がとにかく嫌みったらしい。あとオーバーシュートって単語の使い方がどうにも気になるよね。これはNHKの責任ではないんだけど。

どっちにしても「まだ全然油断は出来ない」という話で。個人個人でやれる事をやっておくしかない。最近外から帰ったら30秒かけて手を洗ってますからねオレ。手を洗うまではなるべく顔のパーツとか触らないようにしてるし。

眠いのを我慢して「映像研」最終回を見る。いや面白かった! ラスト数話が完全に湯浅監督だったけど良いアニメ化でした。満足して就寝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です