2018年10月17日(水)の日常

目覚ましで起床。なんか枕が合ってないのか肩こりがひどい。

朝のニュースでは「冷え込みが厳しい」って事だったんだが、外に出たら日差しがポカポカしてて暖かい。日陰に入ると涼しいを通りこして寒いんですがね。こういう季節が一番体調に厳しい。

出社後は淡々とお仕事。ここ最近コードばっかし書いてるせいか久々に「コードを書かない仕事がしたい」感が凄い。コードを書いてお金を貰えるのはありがたいんだけど、そればっかしだと流石に色んな部分が麻痺していく感じもする。

昼の弁当はもっともっとでカキフライ弁当。カキフライ4個で560円は…まあいいか。今年のは味は良い気がする。なんか去年が全然ダメだったような記憶もあるので。積極的に食っていこう。

家にiPad Pro12.9があるため、ほぼ会社専用タブレットと化したiPad mini2のバッテリーのヘタリが凄い。朝90%なのに昼前に10%切り警告が出る事もあるくらいである。減りすぎ。

バッテリー交換して延命するのもいいけど、iPad9.7インチモデル(32GB)の廉価版って内税で40k位なのね。買い替えも検討した方がいいのかなコレ。iPad mini2ではもう流石にマシンパワー的に辛いんですよ。Split Viewも使えないし(Floatは可能) まあiPad mini4に買い替えという手もあるんだけど、iPad9.7だとApple Pencilが使えるんだよなあ。

調べたらAppleでのiPad純正バッテリー交換はモデル問わず12k位である。非正規で安いところだと8k位。だったらAppleに持っていくかと思うが、うちのiPad mini2は刻印モデルなので、これをAppleに頼むと二週間くらいかかるらしい、当然代替機は無し、ちょっと厳しい。

地元にiPadを持ち込んでバッテリー交換してくれる所はないかな、と思ったらまさかのドンキホーテ店内にあった。しかし価格がコレApple純正より高いんですけども。それあんまし頼みたくないなあ。

iPad mini2はバッテリーだけじゃなくてSmartCoverもなんか千切れそうで怖い。とりあえず新型iPadの発表を見て考えるか。どうせ今回もminiは無いんだろうけど、ひょっとしたらmini4も終売になるかもだけど。

仕事中に「なんか今揺れた、地震か?」と思ったら、単に自分がフラフラしてるだけであった。最近こういうことが多い、疲れてるんですかね。

そこそこ進捗もいいし、ノー残業デーなんで定時でサクっと退社。帰りになにか食べていこうかと思ったけど、どうも外食するほどハラヘリでもないので我慢。冷蔵庫に賞味期限間近のやつが色々あるし。

ショップでデバイスの清掃・調整をしてもらってから帰宅。今日もよく働いたけど、それなりに疲れた…。

ぎょうざを焼いて晩メシにして、風呂に入って一休み。なんつうかこの辺り、もうちょっと効率上げたい気もするんだよなあ、気づいたら21時前後になってたりするし。

後はFGO、第二部一章の20節から開始して無事一章をクリア。一章を6日で終わらせたので一週間後の「ONILAND」開幕までに二章クリアも間に合うはず、多分。

しかし第二部もえらい重たいシナリオだ、きのこらしいと言えばらしい。テキスト量も結構な分量だったし、これが基本無料で遊べるのってやっぱり狂ってるような気がする。

「ONILAND」の参加条件が「第二部二章クリア済」なのは、「DAUに対して第二部二章までクリアしてるプレイヤー率が低い」のが原因なのかもなあ。シナリオは結構面白いんだけど、とにかく始めるのに腰が重い。その参加条件のおかげでオレみたいな奴が慌ててクリアするハメになったりするからちょうど良いのかも。三章以降は配信されたら早めにクリアするようにしとこう。

TLを見てたら「欲しい車三台」タグが流れていた。しかしオレの場合「一度運転してみたいクルマ」はいっぱいあるけど、「所有したい」クルマってほとんどないのです。一度二台同時所有をやってみて色々と凝りたというか。

例えばカウンタックLP400とかはそりゃ憧れだが、実際運転したら一回でお腹一杯になる気がする。ただでさえ運転するのに気疲れするスーパーカー、それももうすぐ50年前のクルマである。現存台数はおそらく二桁、「タダならもらう」すら軽く言えませんて。

本日のネタ。ローソンの無人レジってどんな仕掛けかなと思ったらほぼAmazon Goであった。Amazon Goでも店舗内への入場人数制限はあるんだよね。このキオスクみたいに「店内が狭い」「商品数も限られてる」のであれば実用化の目はあるかな、とは思った。田舎とかにも配置しやすいし。

赤羽駅の無人レジ店舗で未来型ショッピングを体験してきた! – Impress Watch

JR東の無人決済店舗で“万引き”してみた – ITmedia NEWS

まさか京セラ製のどうかしてる端末シリーズが復活するとは。これOSはなんだろう。どちらかと言うと「可能な限りシンプルな音声端末」のようで、そこがちょっと惜しい気はしてる。この大きさだとバッテリー持ちも今どきのスマホと変わらんだろうし。カメラが無いから法人向けにはいいかも。

4Gケータイで“世界最薄・最軽量”「カードケータイ KY-01L」見参 11月下旬発売予定 – ITmedia Mobile

PhotoShop CC 2019で「コンテンツに応じた塗りつぶし」が強化されたっぽい。後で試す。

Photoshop CC 2019 新機能「コンテンツに応じた塗りつぶし」で、なんでも秒速で消す方法 – PhotoshopVIP

ううむ原理がよく分からん。しかし「光の速度を目で見る」事が出来るというのはなんか不思議な感じではある。ハーフミラーの場合は反射光より透過光の方がミラーの厚み分遅延するんだ!(人間にはわかんねえよ) 基板上配線の電荷の移動具合とか確認できたら革命になりそうな気はするけども。

毎秒10兆フレームのカメラは光をスローモーションで捕らえる | TechCrunch Japan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です