2017年09月07日(木)の日常

目覚ましで起床、昨晩はSurface Pro4のトラブルで意図せぬ夜更かしをしてしまって、正直やばい位に眠い…。

出社したら各メディアにマツダ「SKYACTIV-X」の試乗レポートが上がってきていた、ドイツで試乗会やったのか、というかそこまで開発が進んでるのか、とちょっと驚いた。

[世界初 マツダSKYACTIV\-Xをドイツで試運転してきた \(1/4\) \- ITmedia ビジネスオンライン](http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1709/07/news031.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter)

[第433回:ガソリンとディーゼルの“いいとこ取り”を目指す マツダの新しい内燃機関「SKYACTIV\-X」搭載車に試乗 【エディターから一言】 \- webCG](http://www.webcg.net/articles/-/37041)

[【清水和夫の 俺の話を聞け 】ゴルフを超える!マツダ スカイアクティブX搭載のアクセラをひと足先にドイツで試乗 \| Auto Prove\-自動車情報\|オートプルーブ](https://car.autoprove.net/2017/09/52009/)

技術としては素晴らしい、燃焼補助のための機械式加給器はちょっと驚いた。元々SKYACTIVE系のエンジンはヘッドがバカでかいイメージがあるけど、余計に重心が高くなるのでは…という危惧はちょっとある。

しかし下手にエンジンの味付けとか考えない方がいいと思うけどなあ。エンジンの味って言われるところって大抵が効率無視とかトルクの谷とかなんで。フラットトルクになるほどつまんないエンジンになって当然ではある。そういう所をひたすら目指してもいいんじゃないかと。存在感はないけどいつでもどこでも頼れるエンジンみたいな。

現状ではまだまだ開発途上という事で、実際の評価は市販されてから三年くらい経過しないと出せないかなという気はする。どちらかというと新規設計シャーシの方が「トーションビームじゃね?」「妙にセンタートンネル太くね?」とか色々と気にはなる。

その一方でスバルが水平対向ディーゼルを止めるって報道が、現在の生産年間1万5千台で、今後ディーゼルが急速に収束しそうな状況ならまあ撤退しますわな…。あのディーゼルエンジンってブロックはEJ、EZ系の系譜らしく、EJ、EZ系は本当に消滅寸前である。

しかし今日は正直調子が宜しくない。仕事の進捗が非常にマズい事に。

午後にはTLに「iPhone X Edition」のリーク画像みたいなのが出てきた。名前とかも含めて真偽は分からんけど、ディプレイ上指紋センサーって本当なのかコレ? かなり眉唾。でも外観的にはすごいストライクではある。iPhone6/7系よりちょっと大きい程度でiPhone6/7plusと同じモニタサイズ。ホーム画面が出てないのは仮想ホームボタンの絡みか?

しかし噂では最低容量が128GBで$999からって事なんだけど、それiPad Pro12.9より高いんだな…。いやLTEモデルで考えるとまだiPad Proのが高い? あと「Red Edition」が出ないかなとも思ってる、アレ格好いいじゃないですか。

しかし本気で仕事が進まない。これはもう「心が疲れてる」という事を認めた方がいいレベル。無理して悪化させたらヤバい、土日はゆっくり休みたいけど土曜は朝起きないとダメな案件もあるし、「ダンケルク」もIMAXで観たい、まあ無理はしないでおこう。「ダンケルク」はノーランだからIMAXが二週間で終わりとかにはならないと思うし。

とか思いつつ、だるいので楽器ショップサイト巡りをしてたら(良くない)、割と好みにどストライクなベースを見つけて悩んでしまう、ヤマハのビンテージホワイトなBB、カシオペアで櫻井哲夫が「MINT JAMS」の頃に使ってたアレそっくり(実際にはBB-3000プロトらしい)。エントリーモデルの一個上で、既にディスコンのためお値段も40k切りとお手頃。ちょっと本気で悩むなコレは…。とりあえず数日悩んでみる。

そいや「リコーダーみたいな感覚で妙にサックスみたいな音が出る」という触れ込みだった「YAMAHA Venova」、ようやく国内販売開始されたけど「管楽器経験者じゃないと最初っからまず音も出せない」ってレポートが上がってた。ヤマハももうちょっと考えてほしい、「リコーダーみたい」って言ったら最低限の演奏難度もリコーダー並だと思っちゃうじゃん。ちょっと欲しいなと思ったけどやっぱり取りやめ。

なんとか定時まで耐えて帰宅。今日は仕事の文章は書けたけど、コードがサッパリ一行も書けんかった…。アカンな、と思う事自体がアカンのかコレは。

郵便でAuから例の「今話題のスマホへお得に機種変更、キャッシュバッククーポン10000円!」の封筒が来ていた。これが来ると「もうすぐiPhoneがモデルチェンジするんだなあ」って感じするわ(クーポン自体は年内に発売される新機種にも有効)。さて機種変更するのはまず確実、キャリアはどこにすべきなのか。現状Auでちょっと不満なのは通勤中の地下鉄で駅の間の電波が不安定な所があるのよね、そこ次第かも。

昨日放送された再放送分の「グレンラガン」を見る、ニア登場編二話。この頃はまだ作監のクセが強く出てた時代なんだなあ、と癖のあるニアの作画を観て思う。最近は本当に全話通して観ても作画のバラ付きがほとんどないよねえ。作品にもよるんだろうけど。

メシと風呂を済ませた後に、こないだ実家から貰った桃を食べる。ネットで話題になってる「桃の湯剥き」にチャレンジしてみたんだが、桃が硬い品種のせいか失敗。結局アポカドみたいに半分にナイフを入れて捻って半分にして、残った種をスプーンで取り出してからちまちまと皮を剥いて食べた。種類としては黄桃で味も安い桃缶の味がする。コレはコレで旨いけど、個人的にはやっぱり白桃の方がいいなあ。

にしても妙に暑い? と思ったら札幌クラスタから「暑いです」ってな話が。下手するとまだエアコン使う日があるかも。

改めて検証してるけど、Surface Pro4の画面揺れって本当になんか描画してる状態だと本当に全然発生しない。Twitterクライアントの入力画面にフォーカスを当てておくとカーソルが点滅するけど、それだけで画面が揺れない。これハードじゃなくてファームソフトの問題がしてきた。つまりは治せる可能性があるんだけど、果たしていつ治るのか。

FGOのネロ祭りもちょっと回したいが、とりあえずDモーニングを読んでから積みKindleとかを崩す方が先。そうしないと何時まで経っても終わらんし、正直FGOは「かったるい」モードに入ると非常にキツイのです。艦これはまだ片手暇にやれるからマシなんだが、FGOって宝具演出以外は割と忙しいゲームだしな。

まずは「ダンジョン飯」5巻、いきなり毛色が変わって色々と戸惑う。正直「ダンジョン飯」というコンセプトから逸脱しかかってる気もするし、終わりそうかと思ったらまだまだ続きそうだし。

これ当初ここまで話を長くする予定じゃなかったと思うんだけど、それは作者と編集者どっちが決めたんだろうか、という気がしないでもない。面白いんだけどちょっと期待していた内容とはズレてて、そこがなんか残念。

次に「銀の匙」14巻、作者の都合で不定期連載になってしまったのが寂しいけど、内容は相変わらず抜群に面白い。しかしこっちも終わるのかと思ったら終わらなさそうなんですが、どうなるんだろコレ。ああいう甘酸っぱい面接なら面接官したいなあw

他にもうちょっと買ってあるんだけど、流石にちょっと疲れたので今日は二冊で終了。面白い作品を読むと少しは元気出てくるね、やっぱり。

本日のネタ。A4書類を折り目を付けずにA5に二つ折りに出来るファイル、要するに車検証入れみたいなもんか。会社で使ってるカバンはA4の書類を入れる前提のサイズにしてるけど、こういうモノを使えばもうちょい小さく出来そう。安いし見かけたら買ってみようかしらん。

[A4→A5に二つ折りしても折り目が付かない、キングジムの「コンパック」を使ってみた \- ケータイ Watch](http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/column/todays_goods/1077738.html)

未だ予約が開始されないクラシックミニ・スーファミのインタビュー二回目。「F-ZERO」開発秘話が色々と面白い。個人的にもスーファミを買う一番のきっかけとなった作品であった。本気で欲しいので問題なく予約出来るといいんだけども。

[「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」発売記念インタビュー 第2回「F\-ZERO篇」 \| トピックス \| Nintendo](https://topics.nintendo.co.jp/c/article/0e9c42d3-7d8a-11e7-8cda-063b7ac45a6d.html)

TEACのハイレゾファイル対応CDプレイヤーが気になる。DVD-Rとかに焼いたハイレゾFLACが再生出来るのだ。まさかのDSDネイティブ対応…! と思ったら「SACDディスクは未対応」と聞いて解散。なんでそこでケチるか。やっぱり頑張ってOPPOのUHD-203買うべきなのかなあ、流石に205欲しいとか贅沢は言わない。

[ティアック、ハイレゾ記録ディスク再生対応CDプレーヤーの新型「PD-501HR-SE」 – AV Watch](http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1079427.html “ティアック、ハイレゾ記録ディスク再生対応CDプレーヤーの新型「PD-501HR-SE」 – AV Watch”)

藤井隆のニューアルバムPVが「収録曲毎にそれぞれ別のCM風」になってて、そのクオリティがとんかく素晴らしい、と同時にどんだけ手間暇かけてるんだコレ。年代としては90年~00年代で世代的にドンピシャだけど、若い人が見たらどうなんだろうねコレ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です