2016年09月15日(木)の日常

目覚ましで起床。風邪は大分良くなったけど出社したらお腹が痛くてトイレに駆け込む羽目に。

にしても事務所が暑い。実際に暑いのか、体調が良くなってきて代謝が上がったから暑いのかイマイチ判断がつかんなコレ。外に出たら涼しかったのでやっぱり単に暑いだけか。

仕事しながらちょっと考えて、今日は夜に映画だし、土曜日は墓参りと飲み会でほぼ一日外出状態なので日曜にならないとノンビリと休めない。という事は来週もまた体調を崩してぐったりする未来が見えてきた。

ので有給を申請して月曜を休みにした。元々祝日なのに有給を取らないとダメという負け感。まぁその分申請はし易いのだけども。これを含めて11月までに2日分有給を取らないと捨てる事になるから別にいいかな。

TLでは相変わらずPS4のバトルガレッガの話が色々出てるけど、「実はガレッガはプレイしたことがない」とか言い出しづらいなコレ…。発売の1996年っつーたらちょうど甲状腺の手術で入院してた頃かな? あの頃は仕事も忙しかったのであんましゲーセンに行ってた記憶もないです。通勤路にゲーセン無かったし。

興味はあるし、シューティングシリーズは続いて欲しいのでDL版は買おうとは思うけど、全く思い入れの無いゲームで限定版まで欲しいかと言われたら無いよねそれは。うん。

ふと仕事中にiOSの通知で少年画報社アプリにヤングキングアワーズの最新号が配信されたとの事。30日発売なのが翌月15日配信の半月遅れって事でいいのかな。コレでアプリがiPad対応したら雑誌を買う意味無くなるのでは…。むしろDモーニングみたいに課金させて最新号を紙と同時に配信してくれ、と言いたい。

あとは「一定額課金で複数の雑誌から連載作品を10本選択可能」とか。アワーズとアワーズGHとか、ヤングアニマルとヤングアニマル嵐とか、「二冊読む暇もないけどどっちにも微妙に気になる連載がある」という場合に結構ツライのよコレ。ただコレをやったら人気連載と不人気連載の差がさらに広がっちゃうのが難点か。まんがタイム系の雑誌でやったら凄い事になりそう。

午後もお仕事。正直ここ最近は会社に来て仕事する意味が全く無くてつらい。在宅勤務したい…。あとお腹、久々にまともな便通が来たと思ったらそれを通り越して下り始めてます。つらい。

なんとか定時まで耐えて退社。これから映画だけど、ちょっと時間があるので晩メシを済ませる事に。考えた末、オレが最初に勤務してたビルの地下にある定食屋に久々に行ってみる。おばちゃん歳取ったなあ。いつも頼んでた「カツとじ定食」は相変わらずの味とボリュームで懐かしい。若い頃によく通ってた定食屋がまだあるのは有り難い。同時に胃袋の縮小も感じるけども(汗

その後はちょいと野暮用があって大通り駅で所用を済ませたり、狸小路二丁目の業務スーパーに行ってみてネットで話題の製品があるかどうかチェックしてみたり、入荷もしてなかったっぽいけど。しかし業務用スーパーの値段すげえなあ、毎週せっせと副菜を自炊してストックしてる身にとって「ひじき煮1kgで350円」とか「切干し大根煮1kgで350円」とか自炊するより安いし。味は知らんが。てか1kgだと賞味期限切れる前に食べきれない。

とらのあなを軽く見て新刊フライング入荷してないかなーとか思ったり(してませんでした)、そのまま徒歩でユナイテッド・シネマ札幌へ。今日は「シン・ゴジラ全国一斉発声可能上映」なのです。

売店前で友人と合流。とりあえずお約束で「まずは君が落ち着け水」ことミネラルウォーターを買う。実は映画館の売店で売ってるの知らなかったんだけど、割とお高いのね…。いや買いますけど。買った後はラベルも剥がして見た目も「まずは君が落ち着け水」にするw

お客さんもコスプレしてたりと楽しそう。しかし作業服はわかるとして、そのタイベック(いわゆる不織布の使い捨てツナギ)はツライんじゃないのか。クリーンルームな工場に出入りする時に何回も着てるから分かるけどアレ蒸れてキッツイんですけど。

入場して程なくするとなんか知った顔が司会やっております。そして「島本和彦」「笹本祐一」両氏の入場、いやー盛り上がる。そして色々と赤裸々なトークが。そうですか制作費15億もかかってませんか。てか「制作費15億」の話の出処が岡田斗司夫らしく、庵野・島本両氏ともになんか扱いに困ってる感じが…、まぁ分かるけども!

そして「上映中に間違ってマイクのスイッチが入ったらしょうがないよね!」という謎の弁明とともに両氏が席に座って上映開始。実は島本氏、通路挟んでオレの斜め後ろ1m位でした。近い近い。

そして盛り上がる上映。この手の「声出し可能な映画上映」ってのは初めてなのだが結構面白い(最初は「なのは」でやったんだけっか?)、しっかしみなさん練度が高くてビックリする。ソフト化もしてない作品なのに何故そこまで映画に合わせられるのか(汗) あと役者に合わせてコールが入るんだけど、カメオ出演で気づいてない人が結構居てビックリした。改めて俳優陣が豪華すぎる映画だこと。

そしてたまにマイクで突っ込むを入れる島本・笹本両氏。まさかの「第三形態は皮膚が柔らかいから、この時に攻撃していればゴジラを倒せたって庵野から聞いた」と衝撃の告白w うわそれある意味ひどい。ただその攻撃中止となった原因の背負われたおばあちゃんを演じてるのが故実相寺昭雄監督の実妻なのがまた業が深いよね。

「庵野!やめてくれ!」的なゴジラの破壊力に圧倒された後の第二部。言われてみれば確かに物凄い低予算映画感が漂う…、ただこの辺りは本当に「直接的な言い回しじゃないけどグッとくるシーン」が多くてかなり泣ける。人間ドラマ性が無いとか言ってる人は単に読み取れる能力が無いじゃなかろうか。ヤシオリ作戦前の矢口と泉の会話とかえらい泣けるじゃないですか。

でもそんなシーンで、みんながちゃんと反応してくれてたのが個人的に凄い嬉しかった。あぁここが響くのオレだけじゃないんだなーって感じで。そこが一番の収穫だったかも。

そして上映終了後は新宿での舞台挨拶の全国生中継。いきなり庵野カントクの「島本、見てる?」で札幌大受け。楽しかったけど質問者の空気の読めてなさが色々とキツかった…。市川実日子さんはいちいちしぐさが可愛くてそりゃ人気も出るなとか(でも生で見たらえらいモデル体型だよね多分)、高橋一生さんを見て「イケメンはオタクの演技はできるがその逆は不可能」という事を思い知ったりw

長谷川博己さんのサプライズ登場はえらく盛り上がって、札幌でも女性陣から「いいなー!」って声が印象的ではあった。まぁそりゃそうか。庵野カントク「エヴァは」「頑張ってます」というのも印象的。

その後はまた島本+笹本氏のトーク。いや実に楽しかった。みなさんお疲れ様という事で、友人のクルマで駅まで送ってもらって帰宅。今日は15夜で月が綺麗だ、小腹も空いてきたので帰りに団子でも買ってくれば良かったか。

その後はダラダラとTLを読んだりビデオ消化してたら思いっきり夜更かしになってしまい慌てて寝る。明日大丈夫かしらん。

本日のネタ。カーボンナノチューブを使った「NRAM」が中々面白い。多分特殊用途にしか使われないとは思うんだが(衛星とか宇宙船用?) まだ進化するネタはあるのねこの分野。

[【福田昭のセミコン業界最前線】富士通が米社と共同開発する次世代メモリの恐るべき正体\(前編\) \- PC Watch](http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/semicon/1020225.html)

オムロンの小型マッサージャーがなんか良さそう。最近腰がツライのでマジで買おうかなと。って調べたら既にヨドバシとかであるけど実売ちと高い(8k弱) もうちょっとしたら落ち着くのかなあ。

[オムロン、小型でさまざまな部位に使えるマッサージャー \- 家電 Watch](http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1020272.html)

相変わらず素晴らしい文章と料理、流石にこのレベルだと自分で料理しようとは思わないが、鱧食べたい…。神戸に頻繁に出張に行ってた頃はよく食べてました。主に先輩の金で。

[ハモ – パル](http://negineesan.hatenablog.com/entry/2016/09/15/225749 “ハモ – パル”)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です