2012年07月07日(土)の日常

10時半過ぎにようやく起床。二度寝含めて8時間以上寝てた、疲れてたのかね。

朝メシ食ってダラダラしてたら、整形外科が受付12時半までという事を思い出し慌てて出発。つーっても安全運転ですがね。整形外科では例によってメインのリハビリ担当者に当って良い感じの治療が受けられて満足。なんか受付終了間際の方がずっと空いてるので、この時間を狙って行くべきなんだろうか。

その後は本屋にでも行くか、という事で文教堂書店 北49条店まで移動。ココは書籍も多いけど、模型屋もくっついてるので見るだけで色々と楽しい。見て回ったらずっとディスプレイされてた1/144戦艦大和と空母赤城が撤去されていた。まぁ「なんで置いてあるのかよく分からん」代物だったしなー。ミニカーとか見て唸ったり、GRBのMC後期フェイスな1/43ミニカーって出ないものか…、1/24のプラモはあるんだけども。

あと1/144富嶽なんてのが出てたけど、箱に「精密に再現!」とか書いてあってツッコミ待ちなんだろうか。Wikipediaで調べたらエンジンに故中村良夫氏が関わってたのね、初めて知った…。

「RacingOn」がポルシェ956特集だったので立ち読み。本当は買って読んだら即自炊とかやりたいけど、ScanSnapでは幅が足りないのです。幅がデカイScanSnapが出たらこの手の雑誌を躊躇なく買いそうでちょっと怖い。特集自体は結構良かった。「ステファン・ベロフ」が「シュテファン・ベロフ」表記になってるのが気になるけど、ちゃんと数ページの特集記事があったので嬉しい。未だに破られない北ニュルのレコードタイム6分11秒(平均速度200km/h超え!)を叩きだした本人。「F1 LEGENDS」で見た限りではジル・ヴィルヌーブ並に人を熱狂させる走りをする人であった。もし事故死しないで契約通りに翌年フェラーリF1に乗ってたら歴史は変わってたかもなぁ…。

書店の後は靴屋でスニーカーを物色、今履いてる奴が踵すり減ってダメになっちゃったので、ナイキ耐久性乏しいぞおい。そんな訳でアディダスのバッシュを購入。靴底が厚いのでちょっと運転が不安だがなんとかなるだろ、あと多分立ち仕事が楽になりそうな予感。こないだの帯広では三日間立ち仕事で辛かったしな…。一番ツラかったのはリノリウムの床にお客さん用のスリッパで一日立ち仕事した事、アレは本気で無理。

この辺りで床屋に電話したら「夕方から空いてます」っつーので一旦帰宅。その前に自宅近くの蕎麦屋で昼飯。敢えてカレーライス! だって店の前に「旨い!カレー」とかのぼり立ってるんだもの。蕎麦屋のカレーはカレー南蛮とかのベースになるやつでいわゆる日本風のドロドロとしたルーが特徴だが、実際そんなもんでした。旨くて満足。

一旦帰宅、なんか北電からお知らせが来たので調べたら計画停電のアレであった。よくよく見たら自宅は計画停電対象にはなりませんでした、一安心。しかし会社がある区画は計画停電になる可能性があるな…。一応調べておかんと。

夕方からは床屋、「とてもヒンヤリするシャンプーがありますけど使いますか? 凄くヒンヤリしますけど本当に宜しいですか?」とやたら念を押されつつシャンプーしてもらったら、本気ですげぇヒンヤリして驚愕。なにこれ欲しい。聞いたら在庫は切らしてるけど1,000円程度なので入荷したら電話してもらうように頼んだ。床屋とか美容院で使ってる奴はたまにこういうのがあるから面白いよな。

夜はダラダラと、風呂入ってたらちょうどその時間に「NO NUKES」イベントでのYMOライブUSTが終わっておりガックシ、正直イベントの趣旨には反対なのだが(説明するのが面倒臭いので省略)、生YMOとKRAFTWERKは見たかったよ。そしてKRAFTWERKパートはまさかのUST無しでさらにガックシ。ただやっぱり「放射能」冒頭のセリフに「フクシマ」が入っちゃったのね、まぁヒロシマもスリーマイルもチェルノブイリも入ってるんだから、むしろ入れない方が不自然なのだが。

こういった実況をTLで見ると「やはり行けば良かったか?」と思う反面、あんな趣旨のイベントには行きたくない!という気分もかなり。まぁ実際イベントの趣旨とは別に行ってる人も多数居るとは思うけどな。これが普通のイベントだったら見に行ってます、多分。

ちなみにKRAFTWERKからはフローリアン氏が脱退しておりますが(元々ライブ嫌いな人だしなー)、おかげで過去の写真をプロジェクターで映す際にフローリアン氏が黒塗りされるという始末。なんだか。

あとは抜けてた日記とか書いたり。普段の日記はもう「書き飛ばし」状態だけど、BRZ試乗記は少しだけ考えて書いてみた。たまにはこういった文章書きもストレス発散になって宜しい、内容は相変わらずの稚拙さだけども。

「氷菓」11.5話のUST見たり、画質悪い…あと本当にこの作品ってえるたそ以外まったく魅力を感じられない。小説版だとまともなんだろうか。気になる。そいや週明けに発売されるgoodアフタヌーンで「ビブリア古書堂の事件手帖」コミック版が載るので(今コミックス売ってる奴とは別)ちょっと気になる。作画担当の人とは相性良さそうではあるが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です