[モノ]Apple iPad

発表が真夜中と言う事で生鑑賞はスルーして翌朝にチェック。最初の心証としては「見事にズコープラモが組み立てられた」感。

3Gについては料金体系が判らないからなんともだが、少なくともWi-fiモデルに関しては「でっかいiPod Touch」だよなー、「iPod Touch = iPad nano」とかネタも出てるし。なにより「Flash未対応」というのがツライ、これについてはAdobeが動いてるっぽいけど。

これでマルチタスクが使えればもうちょっとマシなのに、という訳で「微妙感が拭えないデバイス」なのであるが、それはあくまで「PCユーザーの目線」だ。PCユーザーがiPhoneに優しいのは「あのサイズだから許される」のであって、iPad位にでかくて重くなると流石に許されないとかそんな所。

でも数日間の出張なら私的なWeb巡回程度はiPhoneで済む事が判ったように、ヘビーなPCユーザーでも無い限り「iPadで十分」ってな感じはするよなー、ちゃんとiWorksも出るし。印刷をどうするんだか知らんけど。

主婦層からは「キッチンに壁かけてクックパッドを常時表示したい」なんて声もTwitterで聞こえて来た(こういう声がすぐ出てくるのがTwitterの良いところである)、確かにコレは便利そう。食事の後は軽くWWWサイトを見て回ったりして。

こうなるとカメラが無いのは痛い。流石に「写真を撮る」のには向いてないけど、Webカメラ扱いにしてQRコード読取りとかARアプリ用のカメラとしての需要はあると思うのよ。次世代iPadには付いてくるかも知れない。それもUStreamを意識して表裏両方に付けたり

「PCが無いとバックアップに不安が残る(MobileMeとかでオンラインバックアップ出来るん?)、音楽もPCが無ければiTunesストアから買ったモノしか入れられない」という色々な中途半端さは否めないんだけど、少なくともWin系の「小さくて安くしました!その代わり性能は簡便な!」的なネットブックよりはよっぽど大胆な戦略製品ではある。

手持ちのiPhone3Gでは小さく&遅くてツライアプリが増えて来たので、アプリランチャーとして一番安いWi-fiモデルを買ってみようかな?という気にはなってたりする(アプリだけなら16GBあれば十分かと)。場合によってはイー・モバイルのPocket Wi-fiを契約する勢いで。

しかし最大の目玉であるはずのiBookが日本で提供予定無しなのがツライなー。日中には日本アップル公式サイトに「iBook」の紹介文があったんだけど、夜になったら消されてたりして色々先行きが不安ではある。

アメリカではKindleがそれなりに売れてて、書籍によってはKindle版の方が売れてる状態だ。日本では電子書籍マーケットはもう数年前からあるけど全然まだまだな状況、てか肝心のAmazonからして「Amazon.comで買えます!」だものなー。日本独自のコンテンツも出てきたけど、やっぱりマンガはちょっとツライっぽい。

音楽配信に関してはiPodがその扱いやすさで「iTunes重い」だの散々言われたのにも関わらず事実状一人勝ち状態なのを見ると、電子書籍も表示デバイスがe-InkかLCDか、モノクロであるかカラーであるかとか関係無しにインフラをいち早く独占した方が勝ちだと思う。

ケータイとかでは結構Webコミックが出ているので、iBookも「既存の書籍を電子化する」事に拘らずにまずは「Web専用書籍」に絞ればすぐ日本でもサービス開始出来ると思うんだが…そしてケータイコミック系などのコンテンツホルダーが来てくれれば道は開けるんじゃないかな、とか思ってる。

で、これ書いてたらマジで買う気満々になってきた(汗) マジで検討しておくか。ホテルも無線LAN対応の所が増えて来てるしね。HD動画&音楽再生可能なDLNAクライアントとか出たらマジでサブモニタにもなるしな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です