2007/02/24(土)の日常

気づいたら8時半、目覚まし代わりにセットした携帯のアラーム時刻を一時間以上ぶっちぎっております。携帯を見たら鳴った形跡はあるので単に寝過ごしただけっぽい。頭痛はまだちょっと残ってるが行動には問題なし、胃がちょっと荒れてるけど。

昨日の時点で「ちょっと早めの飛行機を新たに予約してとっとと帰る」か、「既に予約済みの昼過ぎの飛行機にして余った時間は中部国際空港を見て時間でも潰す」かと悩んでたのだが、結局遅めの時間で正解だったようで。急げば早めの便でも間に合うんだけどね。

そんな訳で遅めの朝食をのんびりと。胃が荒れてるので今日はパン+野菜メインで量控えめに。あぁオレンジジュースが胃に染みる。

部屋に戻ってチェックアウト時間まで軽くWWW巡回とか。チェックアウト後はまっすぐ電車で中部国際空港に、例の「ミューチケット」も忘れずに、というか乗車券とのセットで買っておく。

しかし中部国際空港(地元の人曰く「セントレア」という名称は一応まだ覚えられてるらしい、10年位したら風化しそうだが)って英訳すると「Central Japan International Airport」なのな。直訳だから当たり前だけど妙に誇らしげな名称だ。

11時半頃に空港に到着。土曜で観光客が多いという事もあって、先日到着時と違い結構な賑わい。さっさとチェックインを済ませてあちこち歩き回る。巨大施設は楽しい、けどやっぱり「無駄な広さ」とか「デザイン一点主義」とかは無いなー、無駄は無いけどその分見ててあんまし面白いもんでも無かったり。関空なんて無駄の塊で面白いのに、大赤字だけど。

ちなみに中の本屋(丸善)は品揃え悪いので飛行機の中で読もうと思ってる本があれば事前に買って置いたほうが良さげ。結構空港の本屋ってアレな所が多いよなー、個人的にこの辺りは全国的に改善して頂きたい。

ただこの本屋、妙に「中国ビジネスの云々」的な書籍が一杯揃っていたのは気になった。土地柄、ここから中国へ行くビジネスマンが多いって事か? 客も喋ってる言葉で判るけど中国・韓国系の客も多い、本にはあちらの人をネガティブに捉えたようなタイトルも多いのでちょっと気にはなる。

レストラン・売店街では駄菓子屋があったり、食事付の風呂屋(食事のみもOK)があったりするのがちょっと新しい。体力と時間の都合で風呂は諦めたが、今度来るときは余裕を持って挑戦してみたい所だ。風呂屋は展望台のとなりなんで窓からの景色が良さそう。夜のほうがいいかもな。

ところで味噌カツが好きなオレとしては、多少胃には辛くともなんとかして昼飯に今回の出張でまだ未食の味噌カツを喰いたい所である。しかしとんかつ専門店が「和幸」しかない、札幌でもたまに利用してる店だけにちょっと萎える、まぁ味噌カツは名古屋だけみたいだが。さすがに昼時はえらく混んでるので、ちょっと時間をずらして食事することに。

暇ついでにあちこち回る。展望台は広くて見晴らしが良くていいなー、ちょっと寒いけど天気もいいし。なんかトヨタの吹奏楽ロボットのデモを毎日やってるらしいのでちょっと見に行こうと思ったが、やたら遠い&その通路が妙に寂しいので断念(ぉぃ。いやそこまでして見に行きたいもんでもないし。その通路にあるテーブルと椅子ががら空きだったので、そこで日記を書いたり。

ちなみに哀・地球博で公開してた例のパワードスーツみたいな一人立ち乗りコミューターも展示してるらしいのだが、本日メンテナンスのため公開中止とか。土曜の昼間にメンテナンスで公開中止って、それ多分定期メンテナンスとは絶対違うな。

その後ちょっと遅れて昼飯を食う。結局和幸で味噌ヒレカツ、なんか味噌ベースのソースがついて来るだけでした…いやそうじゃなくて最初っからベッタリソースが乗ってる味噌カツが喰いたいのだオレは! いや旨かったからいいけどさ。キャベツのお代わりをしたかったが、ここで飛行機出発30分前。なんか搭乗ゲートが混みそうなんで早めに移動しとく。

途中でお土産を購入して搭乗ゲートに移動。ってなんでまたこの混みようは。一時間位前に見たときは全然なんとも無かったのに。諦めて並ぶが、観光客がことごとく検査機にひっかかりまくって腹が立つ。やっぱ慣れてる人とそれ以外とで分けようよ…。

なんとか搭乗口まで辿り着いたら、ちょうど機内への案内を開始した所で一安心。機内はそこそこの混み具合でのんびり雑誌とか読んだり。新聞は久々に産経を読んだのだが道新とのあまりの方向性の違いが壮絶で、本当に同じ国の同じニュースを扱ってる新聞なのかコレはw。北海道は産経は印刷所が無いから一日遅れなんだよなー。

15:30頃新千歳着。荷物を受け取ったらそのまま快速エアポートに乗る。Uシートはやっぱ快適でいいやね、シートがでかいってのは地道にでかい。ただ自動ドアの探知範囲狭くして欲しい、デッキでたむろしてる奴らのせいでドアが開いて冷気が入り込むんだよなー。ドアの近くの席だとちょっと辛い。

この列車に乗ればそのまま自宅まで行けちゃうのだが、我慢して札幌で下車して会社に寄る。んで借りてたノートPCとかの怪しい履歴を綺麗サッパリ無くしたり(でも次回出張に備えてセットアップだけはパス付きで残してたり)、出張報告書とか清算書を書いたり。誰も居ないし寒くて辛い、それでも今日やっとけば休日出勤扱いになって後で代休使えるのだ。有給がもう無いのでこれはデカい。

ちなみにノートPCはパナのLet’s R4。小さいしバッテリーは持つわでうちのSRXよりは快適な部分があるんだけど、やっぱノートの「Fn」キーが左端に付いてる奴はオレダメだ。Ctrlによるショートカットキーが使いづらくて仕方が無い。半角・全角キーもまた妙な位置だし、例の丸いマウスパッドはどこをドラッグすればスクロールになるのか良く判らんし。なんだかんだ言ってSRXって名機だと思う。死ぬほどPCMCIAカードが熱くなるのは困るが。

結局18時過ぎに退社。あぁ冷え切って凛とした空気が旨い。あっちはなんか空気が体に合わない感じがかなりする。札幌に拘ってる訳じゃないけど、やっぱ札幌の空気と水が体に合ってるんだな、と改めて認識。しっかしツルツル路面を飛ばしまくりのドライバー達が怖い。正直なんか出張先は駐車技術以外は全部札幌に負けてるんじゃないか、って気がする。平気でセンターライン割ってくるわ良く判んない動きするわ、正直カローラは乗ってて苦痛だったしなぁ。なんというか世の中の色んな事は環境で色々決まるんだろうなぁ。

家に帰る頃には既に頭痛もかなりクリアに。自宅はやっぱ色々と快適だ。しかしHDDレコの録画ライブラリを見て辛い気分に、全部見る時間あるのか?>オレ。一個なんかタイトル情報が妙な事になってるのがあったが、中身を見たらちゃんと録画されてて一安心。しかしなんでまたタイトルが変なんだろう。あとW録がやっぱ欲しいと言えば欲しいので、HDD容量300GB位のシングルデジタルチューナー搭載機で安い奴があったら確保するかも。

夜中に筋少の復活ライブを見る。過去のライブ映像の選曲が妙に渋くて泣ける。収録時間の都合で6曲位オミットされてるが、「サボテンとバントライン」削られたのは痛かった…DVDで入るかなぁ。HVソース確定なのでBS-hiで放送されたらPV3でキャプチャ保存しとこう。

しかしPV3、PLDの更新で例の「映像信号の乱れを検出したため録画を停止します」が軽減されるかと思ったら直らなかった上に色ズレが発生したので元に戻したって一体…。色ズレが無いってのはデジタル放送で非常に嬉しいことの一つなのであったらそりゃ悲しいのだが。ケーブル長短くするしかないのかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です