[技術]WMP11とXBOX360とWMV

とりあえずAviSynthの勉強とかやってみる、スクリプトをプレイヤーに投げると実行されるという感覚は斬新だなー。ただWMEがAVSをそのままで喰ってくれないので参照AVI作るしかなかったり。

で、WMP9で出来たのにWMP10を入れると何故か出来なくなってた「2パスVBRでインターレス保持したままエンコード」がちゃんと出来る様になっておりました。てか色々設定増えてるなー。

せっかくなのでフルHDなソースを作ってみてWMEでインターレス保持WVC1エンコード。うぉ死ぬほど再生が重い、映像が全然音に追いつかない(汗) そりゃフルHDで60フィールドソースを30フレームのIP変換やってたら重いだろうが、HD DVDやBDだとこれがちゃんと再生しないとならんのだよなー。DVD出た頃よりハードルが高い気すら。

WMP11ではWindows Media Connect(WMC)が統合されてるのだが、コレのせいでXBOX360からWMP11が見えなくて泣きそうに。結局「WMP11だと共有名称がデフォルトで以前のWMCで作った名前と違うのが出来るので一回XBOX360側で接続設定をやり直さないと繋がらない」というオチ。要するにPC接続に失敗したら「他のPCを探す」を選べば新しい共有名称が出てくるのでそれを選べばOK。単純な話だけど判るまでスゲーかかって泣きそうに。しかしWMCが既にダウンロード停止してるのは心象良くない。

で、XBOX360から無事PCのコンテンツを再生出来るようになったのだが、WVC1でもやっぱインターレス保持なファイルの再生は無理でした。つーかまずサムネイルが表示されない。再生させると最初のフレームだけ表示されて、あとは収録時間経ったら戻るっぽい。むーやっぱインターレス解除しないとダメかー。動画エンコードの世界ではインターレス保持がデフォになりつつあるのだが、対応してくれないかなぁ。

あとはFourCC:WVC1を吐いてくれるWMP11VCMなんてモノが出てきたら非常に楽なんだが、こっちは出そうもない予感。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です