[X-Y Monitor]WG6100 Deflection Board with Input Protection Board

光速船ネタから微妙にズレるけど、まぁベクタースキャン繋がりって事で。そいや最近ヤフオクで「光速船ソフト」がガシガシ出てて、割と安い値段で落札されてポカン状態。例のバカ外人二人が乱入してこないのは飽きたのか、あるいはホリデーシーズンで居ないのか? 個人的にどうしても欲しかった奴は既に持ってるので手を出しておりません。で、

20061229_WG6100DB_1.jpgひそかにこんなのをeBayで買ってたり、安かったし。


要するにオレが所有しているカラーXYモニタことWG6100用の制御基板なのだが、亀の子状態で載ってる後付けボードがポイント、BBSで教えて頂いて判明したのだが、WG6100は画面サイズを大きめにしてオーバースキャン領域に描画させるような事をやるとパワーTRが飛ぶという致命的な設計ミスがあるとのこと。特に「Major Havoc」は画面が一見小さいのでつい大きく調整しがちなのだが、実際には外枠に輝度0の枠が存在するのでこいつがオーバースキャン描画すると死亡というとても素晴らしい設計に。

20061229_WG6100DB_2.jpgで、それをハードウェア的に保護するのがこの後付の「Input Protection Board」てな訳だ。


20061229_WG6100DB_3.jpg予想通りだが、実物を見ると改めてモノスゲェ実装だ(汗) オリジナルの基板の部品を抜いてそこから刺してるだけである、固定用の部品は何にも無し。。


この基板、「Input Protection Board」以外にもあちこちの部品が交換された後があるのだが、裏面のハンダがいい加減の極まりだったりトランジスタの足がお互いに接触してんじゃねーか? っつーような実装やってるし、なんだかなぁ。基板は手持のリビルド版の方がずっとマシそうなので「Input Protection Board」だけ移殖して、他にも交換したほうがいい部品があったらチェックして交換だな。LV2000も入れたい。どっちにしろ実装はかなり後になりそう。

あとNewsGroupの「rec.games.vectrex」にもポストされてる記事を見てトホホな気分になる。日本人の心象悪くならなきゃいいけどなぁ。

しかし

> Hey, maybe if we stop feeding this troll, he’ll go away.

…あちらのスルー力はたいしたモンだと思ったw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です