[技術]古川 享 ブログ: 放送・通信の在り方に関する、私見その9


> 今となっては、720pや1080pのプログレッシブ方式はプラズマや液晶テレビとの親和性、映画やCGなどの映像制作に有利なバリアブル・ピッチによる撮影、パソコンによる編集や再生環境においてその優位性を疑う人は居ないと思うのですが…1998年からこの1999年5月24日までの間、この720pを日本の放送業界から抹殺しようとする「ありとあらゆる活動を展開した集団」がおり、その軋轢の中で多くの人が傷付き市場から去ることになったのでした。

今のHV放送を語る上で「なんでほぼI-P変換が必須な1080i放送が業界標準なんだ」という疑問がずっと前からあった訳だが、ちゃんと良識を持った方々は居たのね。現状には納得し難いけど、こういった事実があると知る事が出来ただけでちょっと嬉しい。ところで1080iを本当にインターレスでフル走査線表示出来る表示機器って売ってたんだろうか、ブラウン管でもプログレッシブ対応の奴は強制I-P変換されてたし。

> さらに、映像圧縮に採用されたMPEG2方式においては、1080iは22Mbpsでは最高品質の映像を表示するも、その転送レートを15Mbps以下まで落としてくると映像が破綻するという現象も既知のことでした。720pはMPEG2による映像圧縮でも15Mbpsでほぼ最高品質を達成し,12Mbpsでもほぼ実用の域を保ち、さらにMPEG2以外の圧縮方式MPEG4、H.264、WMV(現在のVC1)などを使えば8Mbpsから12MbpsでHD放送を伝送できるというのが、私たちの主張でした。

この辺も「現状の地デジの画像が想像以上に酷い」事を考えると深いね。地デジは1440x720pにしときゃ良かったんじゃないかなぁ本当に。

ところでXBOX360のファームアップデートでDVDのVGA出力が720pアップスキャンになったそうで、VGAケーブル持ってるけど使ってない現状としては微妙な所だ。そのうち暇があったら確認しておきたい所ではある。ところでPS3はHDMI出力でDVDの1080pアップスキャンをやるんだよな当然?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です