2021年03月08日(月)の日常

目覚ましで起床。6時前でございます。「シン・エヴァ」IMAX上映開始が8時なもんでこんな時間に起きなければ間に合わないのだ。

この時間だと通勤ラッシュもあるので怖くてクルマでの移動は止めておいた方が良さそう、という事で公共交通機関にて移動。劇場に到着してチケットを発券してトイレに行ったらなんか並んでるよ、女性用トイレじゃなくて男性用トイレだけ行列ってまた珍しい。よくよく見たら「個室空き待ち行列」だったので、小用だけさっさと済ませて入場。

席はほぼ真ん中でベスト中のベスト。そして三時間弱の鑑賞、感想は別エントリにでも。

「すごい劇場向けの絵と音作り」なんで、興味があるなら映画館で見た方がいいです。ネット配信とかだとビットレート全然足りなさそう。ただ劇場で見ると脳がオーバークロック状態ですげえ疲れるのでとっととセル売りして欲しい。家で休憩しつつゆっくり見たい。

予告では「キングコングvsゴジラ」の予告が流れてた。「IMAX3Dあり」って書いてあったのでIMAX3Dで見ます。

終わった後はメシを食いに札幌駅方面に。途中でGRヤリスが走ってるのを見たけど、街中だと「やりすぎだろお前」感すごい。ランエボやインプWRXとはまた違う。

昼メシは「なかよし餃子クレオパトラ」にてランチメニュー。11時半開始にちょっと早かったのでビルの中で時間を潰してから入る。ここのランチは平日に休みを取らないと食べに行けないので。餃子メインの「クレオパトラ定食」を頼む。ごはんとスープがセルフサービスのおかわり無料。ドリンクバー付きで980円。

旨かったけど、正直量が物足りない。餃子が二個ついてくる定食に「ぎょうざ追加」の方が良かったかなあ、実際他のお客さんはみんな別の定食だったし。

そのまま地元駅のスーパーでちょっと食材を買ってから帰宅。頭痛がひどくてしんどいせいか、帰りに床屋に行くのを忘れていた。この頭痛で床屋に行けと言われても無理なので諦め。

ソファに座って水分補給したらちょっと楽に。それでもしんどいので午後過ぎからベッドに横になってたら5時間くらいガッツリと寝てしまっていた。まだ頭痛は取れず。

晩メシにスーパーで買ってきたアジフライを頂く。こないだからずっと「アジフライ食べたい」病だったのだが、ようやく成仏した。北海道だとアジ自体があんまし無いんだよね。食後に風呂入ってようやく頭痛が治まってきた感。

風呂上がりに買っておいたスイーツを食べる、塩大福だいすき。

TLに「ソフトウェアは2回3回と作り直すといいものになる事が結構ある。最初っから良い物を作るのがベストだが、やり直したっていいじゃん」というTweetを見てちょっと救われる。そうよね、今作ってるのもそのうち作り直したい。

気づいたらTLがエヴァのネタバレ大会に。と言ってもほとんどが「自分のブログに書いてリンク貼るだけ」とか「ふせったーで投稿」なので有難い。こういう投稿を真っ先に読めるだけで初日に見に行った甲斐があるなあ。

いろいろネタバレを見て「漫画版エヴァ」を途中までしか読んでない事を思い出す。Kindleセールの時に全巻買ってたはずなので近いうちに読もう。

BGMに久々に「Neue Musik」を聴く。今どきの流行はとにかくシンプルな音作りで「ドラムとベースだけ」ってのもあるけど、80年代のリッチな音源+アレンジはこれはこれでいいよなあ。打ち込み入るちょっと前あたりの。にしてもオレ、歌詞カード無しで全部歌えないか疑惑。そのくせ曲のタイトルうろ覚えだし。

久々にCDから吸いだしたFLACデータを聴くと如何にSpotifyの音質が悪いかがわかってしまう。音悪いなりに「楽しく聴かせる」チューニング」は配信系の中で一番良いと思うんだけどね。Spotify Hi-Fi待ってます。そんな訳で「Spotifyで気に入ったけど持ってない音源」に関してハイレゾなりCDで買いたくなったり。

昼間に寝すぎて全然眠気が来ない&頭痛がつらくて厳しい。明日は出勤出来るのだろうか。

本日のネタ。MX-30 EVは近いうちに試乗したい。というかマツダで一日貸し出しをやってる&条件は満たしているので申し込んでみるつもり。

マツダ初の「MX-30 EV」 姿を現したフルスペックのGVC:池田直渡「週刊モータージャーナル」(1/6 ページ) – ITmedia ビジネスオンライン

「50歳からでもプログラムは学べる」というのは、ちょっと特殊すぎて他の人に当てはまらない気もする。それはともかくメガドライブ版「ファンタジーゾーン」もいつか日の目を見たらいいなあ。

メガドライブへ「ファンタジーゾーン」移植の記録 | Arcade Cabinet

これちょっと気になる。「格闘ゲームを想定した画面」に「ホロシアムじゃん…」とか思ったり。

リコー、全方位から裸眼で立体映像が見られる「WARPE」開発 – AV Watch

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です