[モノ]SONY 3D対応ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T1

待望のソニー新型HMDこと「HMZ-T1」がついに発売になった。現在品薄らしいが、うちは発売日の発表日にサクっと兄貴がヨドバシで予約したので無事発売日に届いた。59,800円のポイント10%である。

SONY 3D対応ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T1
SONY 3D対応ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T1
ソニー 2011-11-11
売り上げランキング : 2772

Amazonで詳しく見る by G-Tools

まぁこの手の製品が気になってる人はあちこちのレビューを読んだり、店頭デモを見てると思うけど、改めて個人的な感想を書いておく。

まず問題なのは「装着が割とメンドクサイ」辺り。慣れれば装着に1分かからないけど、そのベストポジションを探しだすために試行錯誤がやったらかかる。固定出来たかと思ったら見ていてどんどんズリ落ちていくし。そして縦方向にずれるとすぐフォーカスが怪しくなるのだ。

とりあえず仮ポジションを決めてPS3も接続。3DなBDソフトは予め一枚買っておいたのでコレを見ることにする。

IMAX: Space Station 3D -スペース・ステーション- (3DBD) [Blu-ray]
IMAX: Space Station 3D -スペース・ステーション- (3DBD) [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2011-11-02
売り上げランキング : 414

Amazonで詳しく見る by G-Tools

…うわすっごいわコレ。今までのHMDにありがちな「大画面なんだけど、見てみたら隣の部屋から見てる感じ」みたいな感じとはまた違う。本当に映画館のスクリーンをそこそこ後ろから見ている感覚。

うちの動画関係は全部23インチフルHDモニタで見ているのだが、これを40cm間近から見ているのと同じ感覚。実際に普段見る時は60~80cm位離れて見るので大画面感が凄い。なにせ視線移動しないと端っこの細かい部分が見えない。

ただ光が入ると色々台無しなので、出来れば部屋を暗くして。あと部屋に50インチ以上のTVを置いてある人にとってはまた感覚が違うのかも。

そして画質は素晴らしいの一言。パネルは有機EL 1280x720pixelということだが、縦1080Pソースを食わせると擬似インターレスみたいな事やってるっぽくてテロップ文字が微妙にプルプル震えてる(気にはならない)。

ひょっとしたら階調がちょっと足りてない気もしないでもないが、発色は素晴らしい。どちらかというとマニモニ的な色の出方かねコレ。なにより黒が本当に黒でフレームと見分け付かないのは素晴らしい。

音質はまぁ値段相応。さんざん「音質良くない」とか聞かされてたので「思ってたよりはマシ」な感じ。AC駆動だからアンプのパワーもある。ただミュージカルとかライブとか「音質命」の奴を見たら気になるかもなー、試しておけば良かった。

買ってきたソフトのほうも画質、内容ともに良し。宇宙船内の無重力状態って立体視に向いてるのかも。あらゆるモノがとんでもない所に浮くのがなんとも面白い。

しかし途中で具合悪くなってくる。風邪治ってないせいか3D酔いしたのか、理由は分からんがとりあえず30分位で視聴をギブアップ。ひょっとしたら「どこを向いても目の前に映る内容が同じ」というのが原因かも。

ちょっと一休みして他の映像ソースを試してみる。何映しても「劇場のスクリーンで見てる」っぽくなるのはいいなー。まどマギのOPを流して「これが劇場版ですかー」とか遊んでみたり。

ゲームをちょっとプレイ。と言ってもPS3ってあんましソフト持ってないのだよね…。メインはXBOX360なのだが、こっちはHDMI無しの旧タイプなので接続できないのが残念。とりあえずPS3版ナムコミュージアムでゼビウスをプレイ。

…やっぱはっきり分かる位に遅延出てるなー。事前に聞いた範囲では「遅延は3フレーム」ってことだが、実際の所5/60fps位はずれる気がする。少なくとも60fpsの3フレームなどというレベルではない。ファームの改修でどうにか…と思ったが、更新用に使えるI/Fが無いのだなコレ。

PSNお詫びチケットで貰ったソフト(ワイプアウトHDとハスラーキング)両方が立体視対応してたのが意外。しかしワイプアウトHDは正直遅延のせいでかなりプレイが難しい。という訳でタイミングに許容なゲームでないとちょっとプレイは厳しいかも。

ココらへんで具合悪くなってきたので一旦寝こむ。風邪引いてるのかHMDでヤラれたのかは不明。

起きた後に再度HMD装着。ちょっとセッティング方法を変えたらフォーカススライドスイッチの位置まで全部変わってしまう始末。もっと詰めないとダメだなー。んでBDソフトの続きを見る。満足。

ついでにゲームももうちょっと試してみる。たまたま入れたまんまの「DiRT2体験版」をプレイしたら没頭度はちょっと凄い事に。ドラゲーは画面の中央をずっと凝視して視野狭窄状態になるので、余計に没頭度が凄い。正直に言うと危ない位。これでヘッドトラッキングがついたらまじめに帰って来られないかも。

疲れたし、兄貴が帰宅したのでここで一旦返却。

まとめると民生製品としては素晴らしい、値段も非常に安いとは思う。ただセッティングの問題はやはり大きい。HMDって「お手軽に装着して見る」というイメージだったのだが、コレはちょっとお手軽には見れない。そこら辺のTV+シャッター式メガネの方が3D視聴環境としてはまだ気楽。

今は据え置きゲーム機ですら「面倒」とか言われる時代なので(実際にはコントローラもワイヤレスなので、昔よりは環境作ってしまえばずっと楽)、見るまでの敷居が高いってのはかなり減点ポイントかも。装着したら周りもロクに見えないし。

ゲームに使うには遅延がちょっとひどくてツライ。ココら辺はファームで改善できそうな余地がある気も。

しかし「まさに映画館!」という臨場感は素晴らしい。部屋が狭くてデカイTVが置けないけど、映画は一杯見たいと言う人にはいいかも知れない。ただ目の疲労度的にはどうなのかなー。という辺り。多分個人差がデカイ。

個人的にはもっと装着が楽なマイナーチェンジ版を待ちたい(汗) 部屋片付いてないからモノ増やしたくないってのもあると思うんだけど、まぁマイナーチェンジも一年後位じゃないのかなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です