[映画]スターウォーズ エピソードIII -シスの復讐-

先々行上映の初回見てきました、けど座席が半分も埋まっておりません。穴場と言えばそうなんだろうが不安になってくるな色々。

先々行上映って事で以下は続きにしておく。含むネタバレ。

…とは言っても大体のストーリーは今までのスターウォーズを見てきた人であれば想像が付くので、あんましネタバレにもならんよね。しかしオビ=ワンとアナキンの戦いのラストがアレではなぁ…、正直ヨーダと議長の方が盛り上がったぞ。

EP1とEP2はアナキン・スカイウォーカーとジェダイの全盛期、そしてドロイドとクローン大戦の経緯を描いたものであったが、今回のEP3はまさに「EP1,2とEP4の間を埋める」内容になっている。そういった意味では「EP1,2」を見て無くてもある程度の知識があれば十分楽しめる出来になってる。つーかEP1,2の存在意義自体がえらく希薄に。

EP1,2では不満タラタラなメカデザインとかも、EP3ではEP4に出てきたメカの原型となるのが一杯出てきて楽しい。しかしストームトルーパーはヘルメット脱ぐとやっぱりあの顔なのね…。

全般的には「話の筋が全て判ってしまっている」事を考えると、EP1~3の中では一番良く出来ているとは思う。見た後にEP4以降をもう一度見たくなるような感じ。しかしなんつーか「あぁこの人は今は良く見えるけど、最後は悲惨な死に方したよなぁ」とか考え始めるとちょっと複雑な気分にもなったり。

しかしEP1からEP6まできちんと繋がってる事を考えてると「基本プロットは20年前に出来ていた」と言われても信じるけど、なんつーか今のアメリカの政治を反映したかのような内容になってるのはちょっと興味深い。最近はハリウッド物も「バカ陽気にハッピーエンド」なんてのが減ってきているらしいから時代の流れなんでしょうなぁ、ベトナム戦争時代同様、イラク戦争にてアメリカンニューシネマ再びか?

という訳でスターウォーズも無事完結って事で、正直EP1,2は蛇足かと思うがEP3で許したくなった気分。個人的にはファルコン号を巡るハン・ソロとランド・ランド・カルリジアンとチューバッカ、そしてジャバの話を外伝って事で映像化してくれないかなぁ、一応小説は出てるみたいだけど。10年位なら待つから(ぉぃ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です