カシオ デジタルホーン DH-100

こないだヤフオクで落札した奴が来たぜ。

20050223_dh100.jpg

という訳でカシオの初代デジタルホーン「DH-100」である、デジタルホーンは色々種類があるけど基本的な中身は最終機の「DH-500」以外は同じっぽい。確か定価は29,800円だったような。昔買う直前まで行ったけど結局買わなくてねぇ…、そんな訳でつい今更買っちゃったと。WX5の新品と悩んだけどこの値段ならお試し価格でいいかと。

生産中止してからはや数年、現存している固体も故障品のが多いので動作確認済みの物(怪しいのもあり)もジャンク品もヤフオクでは妙に値段が高い。個人的にはキーが増えてる最上位機種「DH-500」が欲しかったのだが、こっちは定価45,000円のがヤフオクで安くても未だに35,000円位するし、やっぱり壊れるらしい(しかも直し方が判らん)のでちょっと手を出しにくい。

そこで下位機種のDH-100に目を付けたがこれも妙に高い…筈なんだが、何故かソフトケース、未使用マウスピース付きのが相場より結構安い6,000円弱で落札出来てしまったという。なんでかは未だに謎、多分縁だろう。

ちなみに「DH-500」以外の故障は大抵「コンデンサの容量抜け」なんで、基板がよっぽど酷い状態になってない限りは普通にコンデンサ交換で直るっぽい。やっぱ一定期間経過した基板だとコンデンサ関係は鬼門だよなー。ちなみにこの固体も一応開けてみたけどコンデンサは大丈夫っぽい、てか交換済み?

その他詳しくは「デジタルホーン地位向上委員会」にて、ここにDH-500以外の故障の直し方(海外サイト)のリンクもあり。

んでさっそく鳴らしたんだが…楽しいですコレ。キー数が少ないのと管楽器の経験がリコーダー位しかないので(ぉぃ、普通にキーをデフォルトのCにしとけばほとんどリコーダー感覚で吹ける。本体にスピーカーが内蔵されてるので鳴らすと楽器自体に振動が伝わってきてそれが心地よい。まだ全然指が動かないが気軽さではすげぇいい感じ。

吹きやすさも普通のリコーダーなみだし(安定した音を出すだけならむしろこっちのが楽)しばらくはいい気分転換になりそう。一応MIDI出力も付いてるので、そのうち手持ちのKORG Z1を鳴らすのにもチャレンジしてみますかね。

しかしコレが今新品で手に入らないのは痛い、代替品も無いし。一応たのみ.comで結構票は集まってるんだがまだメーカーは動かない模様。bisキー付きの新型出たら買うよー。外部アナログ入力端子も付いたりするとなお楽しそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です