[ライブ]KraftWerk 3-D CONCERTS 1 2 3 4 5 6 7 8 in 大阪

「死ぬまでにKraftWerkは一回は見たい」という事で大阪まで来ましたよ。「死ぬまで」ってのはオレとメンバー両方を含んでるんだけど。

東京で8枚のアルバムごとに8公演。大阪で1公演って事でお得感がありそうな大阪にしたんだけども、実は東京でも各日「アルバムの全曲+定番曲」という構成だったので、好きなアルバムの日に行けば大体満足できるという罠。…まぁいいです。東京では8公演全部を見に行った人も居たとか、物販がすげぇ在庫少なくて大変な事になってたとか色々。

<UDO> ニュース 2013/05 アーカイヴ

ちょっと入場時間に遅れて会場入り、見たら既に入場が始まってて、アナウンスを聞いたらオレの整理券番号はもう入れるとのこと。うわ時間ロスだ。急げ。ワンドリンクなので無難にコカ・コーラの500ccペットボトルを選んで入場。オールスタンディングなので場所確保。思ったよりはいい場所じゃね?

んで開演まで50分くらい待たされる。既に足がつらい。3Dメガネは偏向フィルタ方式だが、紙製なので安っぽい。ちなみにスリープは東京で全部日替わりだったのだが、大阪は大阪で別という豪華仕様であった。多分全部コンプリートしてる人も居るんだろうけど。

開演時間に鳴りだす音楽。ココで3Dメガネ装着。5分ほど待ってたらついに幕が落ちた…。うわー本物だ!本物のKraftWerkだ! てか意外に近い! オレの真正面がラルフだ! 直線距離で15m無いんじゃね? という距離である。つまりは歌ってる時の口の動きが認識出来るくらい。

セットリストは先のページに載ってるけど、そのうち消えそうなんでコピペしておく。

1.THE ROBOTS
2.METROPOLIS
3.NUMBERS
4.COMPUTER WORLD
5.HOME COMPUTER
6.COMPUTER LOVE
7.THE MAN MACHINE
8.SPACELAB
9.THE MODEL
10.NEON LIGHTS
11.AUTOBAHN
12.TOUR DE FRANCE 1983 + INTRO
13.TOUR DE FRANCE 2003
14.VITAMIN
15.GEIGER COUNTER~RADIOACTIVITY
16.TRANS-EUROPE EXPRESS
17.AERODYNAMIK / TITANIUM
18.BOING BOOM TSCHAK
19.MUSIQUE NON STOP

まずは1曲目からいきなり「THE ROBOTS」、てっきり例のごとくマネキンを出して本人不在かと思ったらちゃんと居ます。ラルフの口動いております。そしてなにより衝撃的だったのが、背景の3D動画。動画そのものは「minimum-maximum」と同様のシンプルな奴なのだが、コレがまぁ飛び出す飛び出す。盛大に色ズレとか出てるけど、PVだと思えば全然気にならない。

もう観客は物凄い盛り上がり。「minimum-maximum」とアレンジが変わってる部分があるとそこに反応したりして濃い人多数。…凄すぎて泣けてきた。マジで。

ただ一部の観客が超うるさくて迷惑。関西人声デカイんだよね。

2曲目の「METROPOLIS」はライブでは超久々のナンバー。というか「聴いたことあるけど曲名が思い出せない」と悶々としていた人多数の模様。オレも。

「NUMBERS」でも再び盛り上がり。日本語での「イチ ニイ サン シ」の部分では会場大盛り上がり+大合唱状態。いいなぁ。

その後も盛り上がりっぱなし。そしてまさかの8曲目「SPACE LAB」がすげぇ嬉しかった。この曲好きです。PVも人工衛星が半端ない飛び出しっぷりで盛り上がる。これもまた大好きな「NEON LIGHTS」も演ってくれて嬉しい。

そして今回一番の目玉である「AUTOBAHN」、コレは「THE MIX」「minimum-maximum」版準拠のミックスかと思ったら、後半はオリジナル同等の進行である。ちょっとビックリした。あれ演奏時間どんだけだろう。「THE MIX」版で7分、流石にオリジナル版の20分よりは短いと思うが、それでも10分は超えてたと思う。音源化してくれないかなコレ。

んでコレも大好きな「VITAMIN」も演ってくれて安心。「A-B-C-D VITAMIN」の所で右手をマイクに添えるラルフが可愛いw

そしてまさかの「GEIGER COUNTER」! という事は当然そのまま「RADIOACTIVITY」である。うん事前に聞いてたからいいけど、やっぱり日本語歌詞はアレだ、ダメだ(汗) 内容としては直訳で元々そんな歌詞ではあるんだけど、ダメだ。

「THE MIX」版との違いはイントロ部分の各放射能被害にあった場所のコール。最後の「HIROSHIMA」が二回目に「FUKUSHIMA」になっていた事。そして一回目のAメロが日本語歌詞であること。ちなみに日本語歌詞は「日本でも放射能・空気水すべて・日本でも放射能・今すぐやめろ」という内容だったと思う。作詞が坂本龍一らしいのがまたなんともなー。二回目のAメロ歌詞はドイツ語に戻ったのがせめてもの救い。この曲だけは終わった後に拍手しませんでしたワタクシ。そう言われる立場なのは分かってるけども。

そして「BOING BOOM TSCHAK」~「MUSIQUE NON STOP」の流れで会場は完全にダンスフロアと化する。「MUSIQUE NON STOP」のラストでは右端から一人ずつソロを取って離脱。ソロ中はノリノリで「機械から人間に戻る」って事なんだろうねアレ。最後にラルフがキーボードでキメて(本当に弾いてるか分からんけど)退場。

そして東京では最終公演だけあったアンコール。「電卓聴きたいー!」という大声が響く中で来ましたアンコール。

20.POCKET CALCULATOR
21.DENTAKU
22.PLANET OF VISIONS

「DENTAKU」ではもう全員大合唱状態。最後の「PLANET OF VISIONS」は前半がやたら不安感を煽るアンビエント系アレンジになってて「(色んな意味で)本当にコレが最後なのか…!」と不安になってくるけど、途中でいつものノリノリになって気がついたら終わっていた。そして四人揃って腰が90度曲がるくらいのお辞儀三回。そこはもう人間であった。終わったらなんか夢から覚めた気分。

いや本当。エンターティーメントとしてのライブとしては素晴らしいの一言だった。何と言っても背景の3D映像が想像以上に凄すぎてなー。思いっきり飛び出すシーンではみんな湧いてたし。セットリストも満足行く内容だった。

ただなんばHatchの音響はちょっと問題あるかも知れない。音圧だけはやたらあるけど音が引っ込んでる、おかげでベースラインとかあんまし綺麗に聞こえない。「TOUR DE FRANCE」のゼイゼイ言ってる声とかはすげぇ迫力だったんだけどもw 音圧だけはシャレにならなくて、洋服が音圧でなびく位の勢いであった。

そんな訳で、本気で大阪まで来て良かった。本当にそう思う。終わってから観客みんなの顔を見たらみんないい顔をしてたのが全てを物語っている。しかしコスプレしてる人とか凄いなー、「THE ROBOTS」のPVで出てきたマネキンのコスプレで、まさかネクタイに仕込んだLEDまで全部再現してるカップルが居て噴いたし。

事前に「東京で8日全部行った奴が居る」と聞いた時には「気合入りすぎwww」とか思ったけど、終わってみたら納得した次第である。しかしメンバーの方もいい年してあのスケジュールで公演をやるってのは凄いよなー。全員立ちっぱなしだし。

ただ待機時間も含めて三時間オーバーはちょっと辛かった。足動かして軽く踊ってたけど、最後の方動かなくなってたし、会場を出てつい座ったら5分くらい動けなくなったし(汗) あれひょっとしてオレはラルフより体力ないのか?

という事で、次回があるかは本当に分からない。でもあれば行きたいとは思った。あと今回のライブは音源か映像にならないのかなー。映像は3D前提なので難しいと思うけど、せめて音源だけでも出して欲しいと思う。今回のライブで「初期アルバム三枚以外の全曲をライブ音源化」という事をやっちゃった訳だし。

後でNYC MoMA公演の「Uranium/Transistor/Ohm Sweet Ohm」動画が上がってるのに気づいて聴いてみる。

うわ「Ohm Sweet Ohm」で鳥肌立った…(同じようなコメント入ってるけど別人です)、「Ohm Sweet Ohm」と「Neon Lights」はKraftWerk2大癒し曲だよなぁ。さらに個人的には「Europe Endless」が聴きたい。東京で「Radioactivity」と「TEE」の日に見に行けば、ってその間の滞在費とかどうするんだというアレが。次回あるのか(結局それか

2012年10月07日(日)の日常 – 東京旅行3/3日目そして帰宅

7時半頃に自然に目が覚める。流石に良く寝た。とりあえず髭剃って顔を洗う。

メールチェックしてたら「10/1(月)朝に入金連絡、当日体調悪くて発送出来ず。翌日夜にコンビニに持ち込み。集荷が翌日になって結局到着が10/5(金)になった人から「入金から到着までこんなに時間がかかったのは初めてです」とか言われて「どちらでもない」評価がつけられて釈然としない。いや北海道からの発送の時点で仕方がないぞソレ。夜コンビニに持ち込んだらそれで到着は最短で明明後日確定だし。

という事をTwitterで愚痴ったら「それは相手が悪い」とかあちこちから言われて癒される。というか「ヤフオクであった嫌なこと話」があちこちで始まってしまったり、オレはまだいい方なのだな…(汗

ニチアサタイムなのでカプセル内で音を絞って見てみる。カプセルの暗い中でプリキュアの極彩色が目に痛い…w

プリキュア終わった辺りでホテルを離脱。うぅカバンが重い。ついでに雨も結構酷い。

朝飯は朝マックでもいいけど、せっかくの東京なので富士そばにする。初めてだけどこういった雰囲気は嫌いではない。朝そば(詳しい説明一切無し)300円を頼んだら温かいきつね+わかめ+半熟卵のセットであった。コレで300円は安いなー。味も悪くないよ。隣のオッサンが朝からカツ丼食っててどうかと思ったけど。

んでアキバに移動。まだ10時前なんでコインロッカー空いてるー。ので荷物をコインロッカーに放り込む。これで大分楽になった。あとは大部分の店も開いてないのでゆっくり歩いて「今のアキバ地図」を頭に覚えさせる。うむなんとかなってきたぞ。

10時ちょっと前にトライタワー前に着いたので、ちょっと待ってからいきなりレゲーフロアに突入。いきなりシグマの「赤ずきん」やら「行け!行け!山口くん」とか並んでて脱力。流石はアキバだ…。

事前に聞いてたとおりに「エクイテス」があった、しかも隣が「アーガス」だ。どんだけ。「エクイテス」は実はロケ稼働してるのを見るのは初めてだったりする。とりあえず2プレイしてみたけど…なんか微妙。面白くないわけではないが、そんな絶賛されるようなものでもないというのが正直な感想でしてハイ。やりこんだら違うのかなー。避けゲーではないよね、完全なパターンと敵の出現に合わせたアドリブゲーみたいな。下手な位置で弾撃たれたら終了。後はチマチマと他ゲームをプレイしてフロア離脱。

他のフロアを覗いたら5Fに東方コーナーがあって、そこにXAC-1がデモしてたので見たい方はぜひ。ただ液晶アームは動かせないから感動は少ないかも。しかしあのフロアいろんな意味で凄いね…(汗)

その後はMak Japan・トライ・Gフロントと基板屋めぐり。Mak JapanにドラスピNewバージョン(一部ROMC、というか多分OLDからの変更分がROMC)があってちょっと悩む。アサルトPLUS(コレも一部ROMC)も安かったけど、昨日プレイした感じではコンパネが無いとヤル気薄れるので我慢。ちなみにこのアサルトPLUSは結局フォロワーさんがその後買っていった模様w 聞いたらコンパネも持ってる人だったので良い人に買われたと思おう。

地図を調べてaitendo実店舗に行ったら営業時間が13時からであった。まだ昼前なんで後にしとくー。という事で駅前まで戻って、ラジオセンター2Fの山長通商にて旧ナムコハーネス用のAMPコネクタ3P/6Pとコンタクトピンを購入。実はコレ、Molex MLX互換品っぽいのだが(少なくともピンは流用出来る)、3P持ってないし6Pも残り少ないので買っておいた。コレとタイトー用Molex12ピンは実店鋪だとココでしか買えないっぽいので貴重。

ちなみに旧ナムコハーネス、44ピンエッジコネクタ側は信号線だけ繋いで、3Pで電源入れて6Pで映像出力が正しいとの事。エッジコネクタの5Vはあれスタートボタン出力用というのが定説っぽい。一応3P無しでエッジコネクタから電源入れても動くけど、そもそもエッジコネクタって大電流を流すのに向いてないからなー。

この辺りでようやくお腹がキュっとなってトイレに行きたくなる。実は東京に来てからこっち大きい方出してません(汗) 、ので色々心配だったが無事に出てよかった。多分汗かきすぎが原因。いや腹凹んだ。ついでに雨も止んだみたい。

あとは歩いて末広町方面に戻る。HEYの2Fが相変わらず凄い。なんだダラバーACが三台設置って。トップランディングのアップライト筐体(レンズガラス付き)とかも珍しい。久々にナイトストライカーをやって一番簡単なルートでワンコインクリア。絵・音楽・演出最高!ゲーム超大味(汗) 簡単なルートだったらワンコインクリアするのがもっとも簡単な部類のゲームじゃないかなコレ。しかし純正筐体のブラウン管が18インチなのにはちょっと驚いた。こんな小さい画面なのね。

あとHEY名物の「無理やりアップライト筐体に大型筐体ゲームを入れたシリーズ」、稼働中の「スペハリ」に続いて「G-LOC」が! 個人的に大好きなゲームなんだけど、あんまし評価されない&見かけないので非常に嬉しい。ちゃんとしたアナログレバーがあれば基板欲しい位である。久々にプレイして満足。

ココはやたら上手い人が多い所なので適当にギャラリーして退散。

その隣辺りにあるセガでは店頭前でのmaimaiが凄いことになってた。なんかニコ動にそのままプレイ動画をアップする機能がついてるから、衣装来てパフォーマンスしてる人ばっかしなのね。猫手でプレイしたり。そのまま5F(だっけか?)のフロアに行ったらセガラリーとかが稼働してて良い感じ。そしてまさかのF355チャレンジDX筺体との再会! まだ日本にあったのかコレ。

久々にプレイするF355チャレンジ(シミュレーションモード)、今プレイしても良く出来てると思った。ただセミオートマパドルでアップ側が跳ね返ってしまうのも相変わらずだったり。これ新品の頃からこれだから、知らない人が遊んだら「メンテ出来てない!」と怒るかも。

あとはCOMIC ZINでここ専売のうすいほんを漁ったり。良いの無くて残念。流線堂さんのNEWラリーX攻略本とか欲しかったんだけども委託ないのかな。

んでaitendo実店鋪がオープンしてる時間なので行ってみる。ここで24/30ピンの3.96mmピッチエッジコネクタを買いまくり。滅多に売ってないし、DigiKeyで買った怪しいメーカーの奴は品質酷いしなー。一本が安いので結構まとめ買いした。良い感じだったら今使ってるハーネスも入れ替える。なにせ今使ってるのは力入れ無くてもスッポ抜けそうな奴だし。

お腹空いたので、せっかくだから最近話題になってる牛カツのお店に並んでみる。中身ほとんどレアの牛カツを食べさせてくれる店。そしたら想像以上に客の回転が悪くてゲンナリ。後で気づいたが雁川とかそういう所に行けばよかった。

肝心の牛カツは面白い食感でそこそこだけど、衣がなんかコロッケのあれで…。やっぱカツは豚(次点で鳥)に限ると思った次第。ネタにはなったからいいか。

ココら辺でアキバ離脱。ロッカーから荷物を取り出して京浜東北線に乗り込む。んでしばし放心してたら「田端ー」とかアナウンスが聞こえる。…アレ? ひょっとして逆じゃね?(汗

慌てて戻るも20分のロス。線路検索したらなんとか間に合うようで一安心。いや気づくのがまだ田端で良かった。なんとか浜松町まで戻ってモノレール乗り換え。TLでは可夢偉がやってくれたようでF1クラスタが大喜びしてる。

羽田空港では近くで働いているフォロワーさんが見送りに来てくれた、有難い事です。軽く会話してから搭乗手続きして、荷物検査ゲートを通った後は中の売店でお土産を買って飛行機に乗り込む。乗り換えミスで無駄に疲れた。

しかし今時の飛行機はドアを閉めるまで携帯が使えるんだけど、飛行機の中ですらAu LTEが繋がるのにはちょっと驚き。LTEに関してはどんどんエリア広がってるな。

飛行機の中では文庫本を読む…つもりがいつの間にか寝落ちてたり。結局文庫本二冊持ってきて一冊分も読めてねえ。荷物の無駄。

新千歳空港に着いたらあまりの寒さに声が出そうに。流石に違うわ。快速エアポートに乗って一路自宅へ。でも一時間以上かかる罠。新千歳空港は都市空港の中でもアクセス性悪い方だよね。関空もセントレアもいいとは言わんが。

なんとか20時過ぎに帰宅、疲れたー。とりあえず晩飯&風呂に入って一息。でも今下水工事の最中で色々と部屋がカオスな事になっててちょっと落ち着かない…。

PCの前に戻ったら既にBSフジでF1放送が始まってたので見る。なるほどねぇ…。ちなみにグロージャンとウェバーに関しては、「グロージャンに相当分が悪いレーシングアクシデント」だと思う。多分グロージャンあそこから止まれないよ? グロージャンはやらかす人だよ? そんな人を警戒せずにラインを変えたウェバーが軽率、とか多分インディだと言われるw どっちが良いか悪いかはわかんないけどさー。

F1をBGVに旅行の後片付けを淡々と、明日からもう仕事なんでその準備もあるし。ようやく「特撮博物館」で買った目録とガチャを開封して組み立てたり読んだり。いいなぁ…。目録は重いし高いけど、買っておいて良かった。

そんな事をやってる間にF1も放送終了。可夢偉お目出度う。でもそれにかこつけて「可夢偉は過去最高の日本人ドライバー」とか「過去のF1ドライバーはダメだった」とか言う論調は大嫌い。時代も違うのになんで優劣付けなきゃならんのか。

そんな事を思いつつ就寝。あぁ部屋はともかく旅行中に録画したビデオ消化が全く進んでねえ、あと体がガタビシ言って、特に足腰が痛いんですが明日会社に行けるのかオレは。

2012年10月06日(土)の日常 – 東京旅行2/3日目

iPhoneのアラームで起こされる。ってコレは「流石にこの時間に起きないとヤバイぞ」って保険用にかけたアラームじゃん。気づいたらもう10時前、寝過ぎた。

急いで髭剃って顔洗ってホテルを出る。ホテル近くのマクドに駆け込んでなんとか朝マックに間に合う(10時半まで)。やっと一息ついた。降りたらもう朝マック終わってたけど。

朝飯の後は山の手で東京まで出て、そこから京葉線に乗り換え。相変わらず乗り換えが遠い。そして海浜幕張も遠い。舞浜でディズニー目当ての客が降りるから一気に車内の空気変わるし。途中で「Amazon」のロゴが付いたでっかい倉庫があったけど、アレが千葉市川倉庫なんだね、なるほど。

海浜幕張に付いて幕張メッセまで歩く、やっぱり遠い&暑い。事前登録したにもかかわらず入り方がよくわからないオレ(汗、分かりづらいよアレ。んでようやくCEATEC JAPAN 2012階上入り。

一応「私用のついてで行きます」と有給申請の時に行ったら「これ見てきて」とか言われたんだけど、なんかよくよく見たら結構オレの仕事と内容が被ってて、これは平日に出張扱いできたんじゃね? という気分が。失敗した。なにせ最初にライバル会社の製品を見つけてしまう始末だし。

んでもとてもじゃないが会社に関係あるブースを丹念に回ってたら時間が足りない。とりあえず「ここ行っておいてくれ」と言われた所一箇所を回る。すっかり仕事モード。

で、知ってる人が電波新聞社ブースに居ることが判明したので移動。無事合流。コレが「机」ことXAC-1ですかー。中の人とは昨日一緒に飲んでたのでw 色々とアーム部分とか見せてもらう。アーム部分金かかってます。これだけで5万でも安い位。凄いわ。

回転もスムースだけど、回転する際に左右幅が問題になるのがネックか。置き場所があれば欲しい…。

あとは参考出品してるXDAC-1やXLCD-1という小型モニタも気になった。色々おもしろい事やってるなぁと言うのが正直な感想。物販コーナーは未忘れたんだけど、実は各種製品がバカ安で売られてたそうで、ちゃんと値段を見ておけばよかったー。XPC-4とか幾らだったんだろ。

その後はみんなで各社ブースを見て回ったり。Windows8タブレットとか出してるけど人が多くて触れず。4K2Kパネルとかは見れたけど、流石にそこまでのインパクトはないかなぁ。HDソースのアプコン比較とか明らかにHDパネルの発色が悪いし。イメージとしてはPS3でDVDを見た時の超解像度変換に近い感じ? 良くはなってるけど作り物っぽいなぁという印象。

ネイティブ4K2K動画も悪くないけど、個人的には静止画が本当に写真を超えるんじゃないかというクオリティで素晴らしかった。シャープの32インチ4K2Kパネルで見るCAD画面なんかも完璧に紙みたいで魅力的。EXCELシートはどうかと思ったけど。

「モスアイ」という新型パネルコーティング技術も凄い。液晶のアンチグレアってアレは液晶そのものの画質を犠牲にしてアンチグレアにしてるんだけど(なので画質そのものは一般的にグレアパネルの方が良い)、これはグレアパネル相当の透過率を誇りながら反射率がほとんどないのが特徴。これで「ゲーム中に画面が暗転したら知らないオッサンが映ってた」という悲劇から回避されるフラグが! ただ今のところ強度が全然出ないらしくて、そこさえクリア出来ればという感じである。頑張って欲しい。

あとはAR技術でハーフミラーが多用されてるので、またハーフミラー筺体とか流行ればいいなーとか思ったり。

その後はゲーム業界の人から「電波ブースに居ますよ」とかリプライ飛ばされて急いで行ったり。色々とTwitter上でお世話になってる人だがようやく会えてよかったー。

「一緒にお昼食べましょう」って事で、会場外に出てちょっと遠い所のインド料理屋へ。遠かったけどその甲斐あって美味くて安かった。話も色々と面白い話が聞けて何より。しかし「ダウンロードゲームも見た目で積みたいよね」発言は斬新だw オンラインゲーやソーシャルゲーの恐ろしい話とか面白かったです。

その後はオレ個人で見に行くところも多かったので再び会場入り。NHKがスーパーハイビジョン(8k)展示してたけど、正直ソースが良くなくて全然面白くなった。近くにTwitterでフォローしてる方が展示してるというので見に行ったらレンチキュラーによる裸眼立体視であった。これがまぁ想像以上に効果バツグンで面白い。本人にもなんとか会えて、実にエネルギッシュな方で面白かった。こういう事があるからTwitterは面白い。

その後に仕事で見てこいと頼まれた所を探すも見つからなくて泣きそう。散々会場内パンフを見たら「昨日までの展示」という事が判明して愕然。やべーわー、というかなんで昨日までしか展示してねえんだよ(汗) ココら辺で力尽きたので撤退。時間も無いし。

海浜幕張駅では「全面液晶パネルなジュースの自動販売機」というのを初めて見る。というか後で気づいたがJRのデカイ駅には大抵置いてある。コレがまた買う気が失せるような絵で酷い…。誰だコレデザインしたの。でも東京ってウィルキンソンのジンジャーエール・ペットボトルがまだ売ってるのね。札幌じゃもう消えて久しいのに。いいなぁ。

京葉線で東京に戻って、そこから夜の飲み会のために久々の東海道線で川崎に移動。駅前で一人合流したのでそのまま店を探す。場所がわからなくて一苦労(汗、こういう時にiOS6の標準マップは辛い。

なんとか到着して無事飲み会。本日始めて会う方も色々居て意外だったりトンデモな話を聞いたり。メシも美味いしで色々と満足。途中で自作ハードお披露目大会になったりして(お店貸切だから出来る技)面白かったー。

その後は一部の方で軽く飲みましょうという事で二次会に移動。なんか如何にもボッタクリな呼び込みに引っかかる奴をなんとか制止してつぼ八へ逃げ込む。いや実にヤバイ予感がした…。つぼ八は個室なのに非常に安くてよろしかったです、安いからお味そこそこでも十分満足。ここでも面白い話が聞けて満足しつつ解散。

オレはそのまま東海道で東京方面に戻り、なんか電車内で目の前の女性がまどマギ劇場版の舞台挨拶でもらえる色紙を堂々と中身の見えるビニール袋に入れててどうしたもんかと。私こういう時どうすればいいかわかんない。

ホテルに戻り。風呂に入って一息。今日も充実してたけど疲れた…のでサクッと就寝。

2012年10月05日(金)の日常 – 東京旅行1/3日目

目覚ましで5時半に起床、流石に眠いょ。

朝メシ食って、出かける準備して6時過ぎに家を出る。んで自宅最寄り駅からJRに乗る。この車両はそのまま快速エアポートになるので後は寝てても空港までは行けるので一安心。で、案の定寝てたり。

新千歳空港に到着したらさっさと搭乗手続きを済ませてあちこち回る。この空港は色々多種多様なおみやげ屋が出来たり、温泉もあったりするんだが、最近は早朝と夜遅くしか利用してないのであんまし恩恵受けてないなー。紀伊国屋でToLOVEる画集が平積みされてて噴いた、誰がこんな所で買うんだ。

以前から話に聞いてた海洋堂の北海道名産ガチャ(最近の海洋堂はこういうのがメイン、旭山動物園とかもココ)で雪ミクの存在を確認。雪ミク以外が地元住民には要らなさすぎるなコレ。にしてもこのガチャ台、すんげー一杯置いてあってビックリした。最初は数台しかなかった筈だが、後で増やしたのかな。

そして新千歳空港内はAu LTEがバリバリ入って快適だが、なんか異様にバッテリーの減りが早くて謎。Twitterやってると一分に1%位の勢いで減っていって心臓に悪い。なんかおかしいなコレ。ちなみにANAではiOS6から使えるPassBookで搭乗手続きが出来るみたいだけど、ANA以外は未対応。なんかアメリカではバーコード(含むQRコード)によるクーポンが一般化してるからNFCよりPassBookなんだとか、納得。

ASCII.jp:おサイフなんて夢の話? iPhone 5にNFCが入らなかった理由|松村太郎の「西海岸から見る”it”トレンド」

んで搭乗時間が来たのでさっさと乗り込む。飛行機の中ではちょっと持ち込んだ文庫を読んだ位で、8割位は寝てしまった。やっぱ寝不足よね。

羽田空港に到着して降りる。スカイマークはちゃんとターミナルタラップ直付けで楽。東京モノレールで浜松町まで移動し、そこから地下鉄大江戸線の大門に乗り換えて移動。気温はあんまし札幌と変わらないねー。って大江戸線はSuica使えるけどKiTaCa使えないじゃん、面倒くさい。

んで「東京都現代美術館」最寄りの「清澄白河」に到着。ここからお目当ての「東京都現代美術館」までちょっと歩く。半蔵門線出口側にはちゃんと案内があるのに、そこから100m位しか違わない大江戸線出口側に案内が出てないのはどうかと思うぞ。

にしても暑い…暑すぎる、マジで汗ダラダラ。ちょっと迷いかけたが無事到着。事の内容は別エントリにて。

美術館を離脱した後は、向かい側にあるオープンカフェにて煮込みハンバーグプレートを、ハンバーガーも美味いらしいけど、ここん所ハンバーガー食べ過ぎなので自重。本当はビール飲みたかったんだけど、本人はあんまし酔っ払った感じはしない割にすぐ顔が真っ赤になるのでこれまた自重。店を出た後でコーラのペットボトル500mlを追加購入、一気に飲み干してしまう。水分出過ぎ。

大江戸線の入り口まで出て、iPhoneで乗り換え情報検索とかやってたら外人さんから「トーキョーゲンダイビジュツカンー?」とか聞かれたので、iPhoneのマップを見せて身振り手振りで道を教える。おぉiOS6の見た目超シンプルなマップが役に立ったぜ!(汗) あとやっぱり回転機能は便利。

ちょっと時間が余ったのでお台場まで行く事にする。んーと汐留でゆりかもめに乗り換えればいいのね。んで汐留で疲れた&翌日のCEATEC事前登録をするまえにスタバで一休み。イーモバが圏外でショックを受けたのでiPhone5でテザリング、LTE入らないけど、それでもイーモバよりちょっと遅い程度で問題は無し。

CEATEC事前登録は印刷手段が無くて困ったが、番号控えておけばなんとかなるのでそうする事に。にしても隣の人が「スタバでMBA広げてる」というありがちな人だったんだが、ちょっと画面覗いて見たら壁紙はアマガミだし(絢辻先輩)、競馬中継見てるし、外面はともかく画面はオサレじゃない感満載で凄いな…(汗

なんとか事前登録も終わって、体の方も一休み出来たので移動開始。ここで改めてさっきのスタバがソフトバンク本社のほぼ真下であることに気づいた。そこで圏外なのかイーモバ(汗、AuのLTEが入らない(3Gもちょっと怪しい)のはなんか納得。

ゆりかもめ駅がよくわからなくて(東京は徒歩による乗り換え案内が全般的に不親切だと思う、わざとやってるんじゃね?と思う位)ちょっと迷ったが、なんとかゆりかもめに乗る。相変わらず全自動運転車両の割には古臭くて清潔感もない駅だなー。しかもPASMOしか使えないし、高いし。

んでお台場海浜公園駅で降りる。目的はここの「お台場一丁目商店街」である。なんか昭和くさい商店街(こういう作り物的なアレは実は苦手、だって本物と全然違うし)を行くと…、おぉなんか偏ったゲーセンが。テーブル筐体満載だー。しかもコンパネは基本垂直で純正コンパネ率高い、パックマンの純正コンパネ(PUCK MAN表記)とか珍しいんじゃないのか。

そしてここに来た目的の「クレイジークライマー純正筺体」とご対面。何年ぶりだろ。プレイしてみたら「やっぱりクレクマはテーブル+垂直コンパネに限る」と改めて思った。なぜか左右平行移動が上手く出来なくてプレイ内容ボロボロだったけども、多分これはオレのせい。

その他アウトラン(シットダウン筺体、なので中身は海外版)とかスーパーハングオン(ミニライド筺体)とかプレイしたり。スーパーハングオン楽しいなー、プレイ中の姿はあんまし人に見られたくないがw

ここのお店はピンボールやエレメカもかなり充実して面白い。ただエレメカが「10円玉をそのままゲームに使う」奴とかは10円なんだけど、それ以外は軒並み100円というのがアレね…。「1プレイ100円で遊ぶゲームじゃねえよ!」というのも多数。まぁ話のネタにはいいかも知れない。しかしお台場ってお上りさんかカップルしか居ない印象が…。全体的に物価高いし、特にレストランとかびっくりするので食事する位なら一回どこかに出たほうがマシかも。

ひとしきり堪能したので一回戻り。ゆりかもめで新橋に戻って、そこから京浜東北線で秋葉原に移動。おぉ秋葉原!未だに慣れないぜUDXとかヨドバシがある秋葉原(汗) しっかし昔の「食べる所に困るアキバ」というイメージはすっかり無くなったなー。

ここで連絡を取って、初めてUDXに入る。なんかアキバとは思えんちょっとオサレスポットだなココ…。んで待ち合わせ場所に以前見た記憶のある顔を発見。前回東京に行った時にお世話になった人だー。

ぞろぞろと人が集まって、結局8人位で外飲み開始。外なのに全然寒くないというかちょうどいい気温で気持ちいいなー。メシも美味いし。色々とバカな話から真面目な話まで色々と。ちょっとココには書けない話も多数。途中から女性も一人参加して盛り上がる。いい飲み会でございました。詳細は書けないw

その後はナツゲーミュージアムに移動。あの辺り遅い時間だと店の周辺がちょっとガラ悪いのね。店の中は相変わらずでした、セガの「侍」とか稼働してるし、「ムネンアトヲタノム」

そして同じ歳の某氏が鉄定規を取り出してハイパーオリンピックをプレイし始めた! ちなみに鉄定規等のアイテム使用は店舗公認であります。そして鉄定規にて驚異的なスコアを叩きだす! いま本当に21世紀か?(汗

あとはランパートの対戦プレイとかしたり。超久々にアサルトPLUS(しかもテーブル筐体)をプレイしてたら「終電なので帰りますー」とメンバーがどんどん減る、そりゃそうか。久々のアサルトは楽しい。けどやっぱコンパネが無いとダメだなコレ。

オレもあんまし遅くなると明日に差し支えるのでアサルトが終わった後に、残った一人に声をかけてから撤退。山の手線で御徒町に移動。そこからちょっと歩いて今回の宿である。

男性専用カプセルホテルだけど、最近はカプセルでもコンセント付いてる所が多いし(100V3Aまでとの事)、何より風呂が内風呂なしだけどその代わり大浴場があるし(ユニットバス嫌い)、正直寝るだけならあんまし問題ない。カプセルの常でロッカーが小さいっつーか細いんだけど、でかい荷物や貴重品はフロントで預かってくれるのである意味安心。

ロッカーに荷物を入れてガウンに着替えて、一息ついてから風呂に入る。あー足が伸ばせる大浴場いいわ。ここは露天もあるし。細かい所は気にしない、どうせ宿泊費安いし。

んでデジタルガジェット系を一斉にカプセルに持ち込んで充電しつつ使用。MXでジョジョのアニメが放送中って事で見てみる。微妙、実に微妙。頑張ってるのはわかるけども…。

イーモバが圏外臭いので、iPhoneでテザリングしてひと通りのメールチェック&RSSリーダー消化してから就寝。疲れた…。

[イベント]館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技

知ってる人で行ったことのある人全員に「あんたも行ったほうが絶対良い」と言われるイベント、ようやく終了間際に行けた。

チケットは事前に購入済み。入場待ち列よりチケット購入列の方がよっぽど長いので注意。オレが入った時で入場列10分待ちである。入場したら音声ガイド機が500円でレンタル出来るのでお願いする。ちなみに音声ガイドは清川幻夢氏である。もうこの音声ガイドの音源だけで売って欲しい位。

最初に地下に潜って庵野館長からのご挨拶。本人の肖像画が奥さん画(安野モヨコ)でちょっと笑う。

そしていきなりものすごい量の特撮ブロップ。オリジナルから復元したのもあるが、比率としてはオリジナルのまんまのものも多くて凄い。いきなり轟天だしな。一個一個に庵野氏の説明(奥さんのイラスト付き)が入ってるのだが、コレがオタク丸出しで楽しい。音声ガイドはきよむーの無駄遣いという位凝っててまた凄い。

ただ導線がちょっと疑問。音声ガイドの番号とずれるところもあるし。音声ガイドの番号札が変な所にあったりもするし。

しかし客層がひたすらカオスだ。老若男女問わず、比率としては男ヲタが多めだが、おばちゃん団体とか制服JK集団とか居てもう何が何だか。なんでオレ制服JK三人(ちょっと野暮ったいけど可愛い)の真横で一緒にミニチュア眺めてるのん…。

マイティジャックのコーナーがやたらデカイのは趣味だろうかw にしても成田亨氏によるマイティジャック号の初期デザイン画が死ぬほど格好良いなコレ。ウルトラマン系に関しては、「ウルトラマン・アート」展の方がよっぽど気合入った展示だと思う。あっちはウルトラセブンでなぜかサブタイトルを付箋で隠してる謎の台本とか置いてありましてなw

途中でマイナーヒーロー者マスクがあって、いきなりゾーンだったので噴く。あの怪作(個人的には大好き)が…。あと「レッドマン」の音声解説で「赤い通り魔」言うな、声出るから。

そして開けたスペースがあると思ったら、今回の展示のために制作された短編映画「巨神兵東京に現わる」の上映であった。前知識は敢えて全然入れてなかったので立ち見。うぅ前の人が邪魔で一部よく見えん。…なんかものすごい物を見た、ような。今度は座って見てみる。ちゃんとスクリーンが全部見えて良い感じ。…コレは一体なんだ、え、マジで特撮なのコレ? 一部いかにも特撮だけど、トンでもなくリアルなシーンがあるんですが…。

で、その直後に「巨神兵東京に現わる」のメイキング動画が流れてて、マジで全編特撮のみという事が判明する(一部デジタル修正あり)、マジか。というか本物と思ったらミニチュアだったとかわけがわからん。あたまおかしい(褒めてる)

その後は一旦上に登って、ミニチュアセット撮影コーナーを上から見るんだったか、ここで太陽光を浴びるのでなんか現実に引き戻された感が強い。そして再び地下へ。

ここでは再度特撮ブロップ。ただ今度は「当時のブロップ倉庫」を模した所で密度が凄い。色々とディオラマも展示されて動画による説明もあるので「あぁ、ここはこうやって撮ったんだ!」と分かる。ここでもう特撮アイが身につけられるという仕組み。この辺りのシステムは本当良く出来てる。ここを通るともう特撮が普通に見られないw

ここでは各種造形氏とかの仕事っぷりの紹介もあり、ただ高山良策氏の扱いが小さくて不満。この辺りは「怪獣のあけぼの」や「ウルトラマン・アート」展で補充してくれという事か。昔小樽で見た展示会で見た内容と被るなー、エレキングの着ぐるみメイキングとかあって凄かったんだけど。

あとは庵野先生大好きな「KR」ね。コレはもうどうしようもなかったんだろう。

最後の部屋は休憩室をかねた庵野氏編集による「東宝」「大映」「円谷」プロ毎の名特撮シーンまとめ。これがもう素晴らしい編集であった。正直あの動画が欲しいのだけども。アレって例のDVD収録なんだろうか、いい値段で買えなかったんだけども。

その後はミニチュア撮影コーナー。ってすげぇ人! 見た目でも100人近く並んでませんかコレ。そして列の移動が遅い。マジで一時間待ちでも終わらなさそうなので素直に諦めて退散。

物販コーナーではいろいろあったけど、結局目録と巨神兵ガチャを二回回したら立ちポーズが出たので満足してこれだけにしておく。figma買う気(売り切れなので後日発送受付)まんまんだったんだけど、実際の出来がちょっと細身過ぎて違う感があったのでスルーしてしまった。レプリカフィギュアの出来は良かったんだけどねー。

しかし物販コーナーでみんなすげぇ勢いで買う買う。オレの前に居たオッサンがDVDとか含めて数万円分買ってたりして圧倒。不況? 本当か?(汗

そんな訳で行ってよかった、と素直に言える内容であった。なんというか「博覧会」じゃなくて「テーマパーク」みたいだなーと。一部不満はあるけど、そこまでフォローしたらデカすぎるのかな。

展示会のプロである某氏によれば「コンテナ毎移動できそうな作り」という話もあって、これだけで終わりじゃないと思う。というか「巨神兵東京に現わる」は本編・メイキングともにそのうちメディア化して欲しい。買うから。

2012年09月09日(日)の日常~函館旅行三日目~帰宅

8時頃起床。昨晩はペロペロされなかったのでサクッと眠れた(汗

起きてダラダラして、昨晩作ってもらったけどロクに食えなかったホッケとかをおかずにしてご飯を食べる、当然のごとくイクラを乗せますよ?

その後は名古屋からの客人がフェリーで一回青森まで行ってから帰るというので、まずは帰り支度をしてからフェリー乗り場まで三人で移動、乗船時間までアイスコーヒーなど飲みつつダラダラと。乗船時間が来たので解散。オレは一回自宅まで送ってもらって、そこから車に乗り換えてそのまま帰路へ。

ガソリンが確実に持たないので、途中の出光で満タンにする。う、行きに入れた時よりリッター2円高いな。燃費は実測で10.5km/l位だから正直良くない。頑張れば12km/lは行く気もするけど、精神安定上良くないので(汗

さらに森ICの近くにあるラッキーピエロにて昼飯。ちょうど昼飯時だったのでそこそこの混雑だったが、割とサクッと注文して座る。その後はどんどんお客さんが来てレジ前が凄い事に。なんかお持ち帰りメインらしいなー。

しばらく待たされた間に昨日から気になってた「焼きカレー」が来た。カレーとラザニアの中間みたいで美味い。んでも量多すぎてちょっと途中で飽きるかもコレ…。そういった意味では昨日食べたハンバーガーって偉大だったのだな。

腹も膨れたので、森IC近くのセイコーマートで飲み物を確保してから高速道路に乗る。一気に帰るぜー。

…とか思ったら食事したばっかし&道路がまっすぐで単調すぎてすんげぇ眠い。眠いっつーてもココ中央分離帯ないんだけどな(汗) 「コレはヤバイからPAかSAがあったら休もう」と思ったら、長万部を過ぎて静狩PAまで一時間近く走らされて非常に辛かった。途中で八雲PAがあるはずだが見落としたらしい。ここ罠だなー、今度から気を付けないと。

静狩PAで休んだ後は大分スッキリしてガンガン走って、途中樽前PAで一休み。ここのセイコーマートで温かいカフェラテを入れてもらって、軽いチョコレート菓子をつまんでちょっと回復。あとは自宅までノンストップで行くよー。

で、気づいた。途中でカーステの音楽が「ClariS」のアルバムになってたのだが、この手の音楽が一番ドライブに向く。眠くならない(汗) 一般的に良く聴きこむタイプのは耳障り良すぎなんだな。むしろ自宅ではあんまし聴きたくならない系統の方がドライブに向くかも知れん。妙にハイテンションになるし。

っつー訳で無事自宅に到着。往復で670km走行でござんした、そりゃ疲れるわ。

帰宅して風呂に入ったり土産話をしてたら眠くなってきたが、WOWOWのワーハピ放送があるので眠れない罠。それと並行して明日からの社会復帰の準備とか、旅行中の洗濯物とか始末したり。旅行中の日記書いたり。

ワーハピが終わったらさっさと就寝。あー会社行きたくないねぇ…w

2012年09月08日(土)の日常~函館旅行二日目

8時頃に自然に起床。気づくと隣で寝てた二人がもう居ない。…とりあえず昨日あちこち舐められたところがベタベタするので顔洗ったり、足元をシャワーしたり(汗

9時過ぎに家主自らの海鮮丼を朝食に振る舞ってもらう。器一杯のイクラ&サーモン+ウニ! 豪華! いやまぁイクラは普通にオレも食べますけどね。美味いです。名古屋から来た客人感激しまくり。うん北海道の人間はシーズンになると「ごはんですよ」みたいな勢いでイクラをご飯にかけるからなw

その後は市電一日切符(600円)を購入して市電で移動。市電のホームがめちゃくちゃ狭くて(50cm位?)なんか怖いんですが。「十字街」で降りて「金森赤レンガ倉庫」を観光。

函館観光とイベント・グルメ・ショッピングの金森赤レンガ倉庫

スタバで一息いれたり、あちこちお土産屋を冷やかしたり。結構賑わってるなー、いや個人的にはちょっと小樽運河と被ってるなーとは思ったが。あとやっぱり土地柄イカグッズが多い。イカ娘とのタイアップ製品もあるでよ。お昼は「えん楽」で塩チャーシューメン。旨かったです。にしても暑い…。

家に「お土産にリクエスト無い?」と聞いたら「古いお菓子で『函館山』というのがあれば」という回答。はてそんなの見てないな。と思いつつ検索したらデパートやらキオスクで売ってるらしい。つー訳で市電にて函館駅前に移動してあちこち散策してなんとか発見。良かった。ついでに何故か国鉄博物館とかその一階上にあったアニメイトとか冷やかしたり。

しかし昨年の大震災で、この辺りも津波でかなり浸水したと聞いてちょっと怖くなる。見たら「海抜:1.5m」とか書いてあるからそりゃそうだろうなー。

その後は券売所に行ったりして、いい加減疲れた&汗かいたので一回帰宅して、風呂道具を持って、市電の「函館ハイカラ號」を狙って乗って、それで「湯の川温泉」まで行く。本数メッチャ少ないけど、運良く乗れてよかった。

函館市企業局交通部「復元チンチン電車・箱館ハイカラ號」

湯の川温泉にある古いホテルに入って入浴料を払って温泉を堪能。汗を流した後は休憩所でひたすらダラダラと。いい休日だ…。

一回帰宅して、晩飯に近くにある函館名物「ラッキーピエロ」に行く。函館で有名なハンバーガー屋さん、と思ったらやたらメニュー豊富なのなココ。名古屋からの客人が「函館山バーガー」というでか過ぎて箸を刺して安定させてる奴を頼んだので、その下の「ふとっちょバーガー」という奴なら普通に手で持って食べられるだろうと思ったら、こっちも箸を刺して安定させて系でした。てか見た目あんまし「函館山バーガー」と変わらん(汗) なんか普通のハンバーガーの時点で十分デカイみたいだわココ。

そのあまりの量に食べきれるのか? と心配になったが、中身がバラエティに富んでいるので食べてみたらいろんな物を回し食いしてるみたいで飽きない。んで勢いで全部食べてしまった…(汗) さすがに腹一杯ですわ。名古屋からの客人は追加でデザートとか頼んでるし。他にも気になるメニューが多いので地元にもちょっと欲しい。美味いし安いし。ただ量&カロリー多すぎだがw

帰宅後は21時からZUNTATAナイトが始まったのでそれをBGMにしてダラダラとTwitterしたり。気づいたら椅子の上で寝落ちしてた(汗) さらに物凄い雷雨だし。犬が怖がって椅子の下から出てこないw

「ダライアス」でその名も高いOGR氏が再びゲームの楽曲をメインで担当する、ってiOS用のワイヤーフレームゲームか! ちょっと楽しみ。

VECTROSスペシャルサイト | nenetは新タイトル 3Dシューティング VECTROS を開発中。

個人的には見た目がベクタースキャンっぽくなるような監修役やりたいです(何様

目が覚めたのでダラダラと再びゲーセン合宿。横画面の方は昨日から「プロギアの嵐」を遊んでるんだが、コレ遊びやすくて、かつ面白くていいなー。戦略性あるし、最近の「どこを通せと?」という弾幕系じゃないので色々と安心感が。頑張れば一周できるじゃないかなーという気分に。

縦画面ではオレの持ち込んだ「ゼビウス」を。んで弾幕系を普通に遊べる人がゼビウスを遊ぶとエリア1で全滅するという事もあるという事実にちょっとショックを受けるw 確かに今の弾幕系とは全く違うゲームではあるけどさ…。まぁちょっと練習したら最初のアンドア・ジェネシスまで行ったので慣れの問題だろう。それでも弾の間をすり抜けようとして死んだりして、やっぱ溝あるなーw

自分もプレイしてみたら、レバーの状態が良い&筺体なんでラフに扱っても土台が安定してることもあってやたら調子が良い。考えてみればゼビウスって「ソルの得点がやたら高い」「割とエブリエクステンド点数が低い」ので、ソルやSPフラッグの位置を知ってると凄い有利なんだよなー。最初のアンドア・ジェネシスを倒した時点で残機6である。最近のシューティングでこんなのはまず無い。「ほとんどエクステンドしない」とか「一回死んだら復活が極めて困難」とかばっかしなー。なんか「失敗が許されない日本社会」みたい。

そんな訳で自己最高のエリア16冒頭まで行ったけどプラグザガート連発やらで全滅。もうちょい頑張ってマップ覚えればエリア16越せるかなコレ。それ以前にやっぱちゃんとしたレバーと土台の固定が重要だわ、やっぱし。

ちなみに「プロギアの嵐」は調子良くて3ボスまで。「プロギアの嵐」はあんましエクステンドしないっぽいが、復活は割と楽。個人的にはどちらも同じくらい楽しいすよ? それよか「NEMESIS」の復活パターン作成は熱いけど、4面が本気でツライ。いや「途中で死ぬな」って話なんだけどさー。

日付が変わった辺りで眠いので寝床に移動。明日は移動日だから余力残さないと。

2012年09月07日(金)の日常~函館旅行一日目

目覚ましで起床。やはり目覚めがいいな…、マジで効くのかな>寝る前に小指に冷湿布。

半袖だと涼しいかな?という中を出社。ようやっと夏が終わるのか…。

途中でなぜか日当たりが良い場所にキムチが置いてあって非常に気になる。アレずっと放置してたら爆発しないか(汗) いや「キムチは爆発する」とかそういうネタではなくて、キムチに限らず発酵食品の類を密閉容器に入れて直射日光に当てたらマズイよねって話なんだが。

今日は午後から函館旅行なんで気楽に出社。…した所で気づいた、イーモバのwi-fiルータ(GP02)がパッキングしたまま自宅に置いてきちゃった。iPad持ってきた意味ねえ。仕方がないのでiPhoneでチマチマとTLを見ながら仕事。

昨晩発表されたAmazon Kindleの新機種を見る。Kindle PaperWhiteはかなり気になるなー。解像度がSVGA(600×800)からXGA(768×1024)になってるのはデカイ。フロントライト付いてるのもいい。最近koboを使ってて割とE-Ink擁護派なんすよ、ちゃんと端末の解像度に最適化された文章を読む分には凄く読みやすい。端末も軽いし。これで地の色が白に近くなれば…という感じ。

アマゾン新 Kindle 発表まとめ:Kindle Fire HD、Kindle Paperwhite 登場 – Engadget Japanese

Kindle Fire HDは興味なし。どうせ中身はAndroid(しかもAppStore使えないフォーク仕様)でしょコレ。DTCP-IP対応DLNAクライアント搭載とかならリモートTVとして使えるけど(てか、そういう端末が一台欲しい)、それも望み薄だし。

日本ではどうなるのかなー。PaperWhiteは値段次第では買うかも。そうなったらkoboは早々と引退の予感だが(汗

仕事は今週分の報告書も上げて無事お仕事終了。という事でサクッと帰宅。今日は函館の友人宅に、名古屋から来客が来るというのでそれに合わせて二泊三日で遊びに行こうというプランである。実はJRのが安く付くのだが、「自前の車で函館往復」は一回やってみたかったので、この機会にチャレンジと。

帰宅後はちょっと前準備とかしたり、昨晩録画した「人類は衰退しました」とか見たりしてから(見るのか)荷物を車に積んで移動開始。まずはガソリン入れて、最寄りのICから高速に乗って移動開始ー。今回は移動距離が長いのでひたすらエコランする。

しかし高速乗る度に「7速欲しい!」と思う。だって6速2,000rpmで80km/hも出ちゃうんだよコレ。今時のコンパクトカーの燃費が良いのはCVTで無茶ぶりなギア比設定が出来る辺りもデカイんだろうな、CVTのポンプロスもあるけどそれを補って余ると。

で、実際に乗り心地が安定するのがもうちょい上の領域。この辺りになると道路の継ぎ目とか「ドンッ!」とか音はするけど運転してる本人は全く揺れない。正直言ってGDBは高速道路を乗ると結構疲れる車だったけど(特に5人乗車とかだと怖い)、GRBは楽ちんだなー。BLレガシィ並に楽ちん、というか乗り心地だけで言うとオレが乗ってたBL5Aよりずっと良い。

途中の有珠山SAでコーヒー飲みつつ一休み。紙コップだと言うのに持てない位熱いコーヒーが出てきて難儀する(汗) 「あと一息かなー」とか思ったら、この時点でちょうど半分なのな。函館遠いよ…。

森ICで降りてちょっと走った所にあるセイコーマートで一息。この時点で18時前。集合場所は函館市内の店でここから一時間弱っぽいので大丈夫だろ多分。とか思ったら流石に下道に入って速度落ちてツライ。高速道路から降りた後の速度差がさらに拍車をかける。

とか思ったら途中で函館新道なる高速道路みたいな所に出て流れがスムースに、制限速度が70km/hとか出てるし、高規格道路って奴か? ひとまず助かる。しかし函館ICを降りてからはやっぱり普通の下道の速度で一気にペースが落ちる。60km/hの速度で止まらずに走ってるとして到着時間を計算するバカナビゲーションが熱いぜ、高規格道路に入ってかなり詰めたのにもう無理だw

で、なんとか約束の19時前に集合場所の回転寿司屋に到着。なんかオレの方が早く到着してしまったので座席だけ確保。ほどなくして函館の主と名古屋からの客人が参上。挨拶もそこそこに回転寿司を食いまくる。一皿110円均一なのでそれはもう食いまくる(汗) こんだけ安くてもちゃんとしてるのが道内の回転寿司のレベルである。

回転寿司を堪能した後は函館の主の自宅に案内してもらう。んで部屋におじゃますると…おぉブラスト筺体が二台(モニタ横・縦で1台ずつ)にテーブル筐体が一台。部屋広くていいなぁ。オレの部屋もベッドとか着替えとか別にすりゃ筺体位入るんだけどね。いや入れるかどうかは別だが。

そして持ち込んできた「NEMESIS」をブラストで稼働してもらう。…おぉ筐体に入ってるとなんか雰囲気盛り上がるなー、なんか発色違うし。あとやっぱり背景黒い(宇宙)系のゲームってブラウン管の方がずっとキレイに見える。そしてやはりいい音!

あとレバーとボタンは持ち主のこだわりで全部セイミツ製にしてあるんだが、コレが実に良い。ブラスト筐体はデフォでサンワ製で、ゲーセンでも割とサンワレバーが多いんだけど、セイミツ製の方がずっと操作感が良くて誤動作も少ない。ちなみにゲーセンの中の人曰く、きちんとメンテしてれば故障率もセイミツの方が低いらしい。

ひと通り楽しんだ後で近くの男三人でスーパー銭湯みたいな風呂に。いい風呂でした。風呂上がりは「VCS版E.T.」Tシャツに、家で愛用してる短パンというお気軽ルックでくつろぐ。んでそのまま函館山に登る事に。

函館山はだいぶん前に来た時になんかの理由があって上まで行けなかったのだが、今回は無事山頂まで行けた。その夜景の実にキレイな事! 100万ドルの夜景! …いや今のドル安を考えると微妙だが。あとアベックが多すぎてウボァー。

ひと通り堪能した後は下山。なんか登山道路が内地で言う所の峠道みたいでちょっと面白い。狭くてすぐタイトコーナーが続くような所。こういう所だと軽量FFか軽ターボが圧倒的に有利だろうなー。北海道の峠っつーたらどこも「その気になればスピードリミッターが当たる」みたいな所ばっかしだし(汗

その後は函館のゲーセンにて、やっぱり今時のゲームしか置いてないのね。それでも初代クレタクがあってちょっと楽しんだり。あとギタドラXG初めて見たり。最近話題のドラム式洗濯機こと「maimai」も遊ぶよ。…いや楽しいけど譜面見づらいよコレ(汗) そして音ゲーをプレイしているとTLで意外に思われてちょっとショックを受ける。ギタドラとかはそれなりにやりこんだんですが…。

うだうだやってるうちに営業時間終了なので撤退。帰宅後は酒入れつつ再びゲーセン合宿。うぅNEMESISがどうしてもボカミスしてしまう&四面辺りで復活パターンが組めない(汗) 横画面の方で初代メタルスラッグを二人同時プレイして連コインの嵐で全クリア、いやー楽しい。終わったら眠くなってきたので適当に就寝。

…って飼い犬が足の指とか舐めて来て眠れないんですが。頼むから足の指を舐めた後に顔舐めないで(汗) そんな事やってるうちにいつの間にか寝落ちてた模様。