2010年05月29日(土)の日常

いつもより一時間遅く起床。前の日は十分にリラックスして、さらにiPhoneの「Sleep Cycle」アプリを使ってサッパリした気分で目覚める。どんだけMRIで寝るのに恐怖感持ってるんだオレ。

顔を洗って朝メシ喰って、病院が開くまで適当に時間を潰して病院へ移動。って診察券が見つからない(汗、そいや先週病院から薬屋行くまでの道中で保険証落として慌てて探して見つかった記憶が…あんとき診察券も落としたか?

仕方ないので診察券無しで病院へ移動。兄貴から借りたフィット、家から300mの所で「給油ランプ」が付いたので仕方なしにガソリンスタンドに突っ込んでレギュラー10Lだけ給油。借りている以上文句は言えない。しかし10L入れたら一気に1/3位入って驚いた、燃費いいのねこの車。

診察券は残念ながら病院には届いて無い模様、再発行はしてくれるのでお願いしておく。そしていよいよMRIに突入。

そこで先週も会った担当医から衝撃の告白、先週の診察時にいわゆる「睡眠時無呼吸症候群」っぽい疑いがあったそうな、てか先週言えよそういう事は(汗) んで可能性は…否定出来ない。今持ってる病気がことごとく「痩せたら良くなる」系ばっかしなのが悲しい。一応間食とかほとんど取ってないんだけどねぇ…。

そしてMRI再開、「目は開けててもかまわない」という事なので目を開けっ放しで耐える事にする、目を閉じたら自動的に睡眠スイッチ入るし(汗) 目の前に装置が来るので圧迫感たっぷりだが、別にこういうのは平気である。

しばし装置の音と心地良いBGMが響き渡り…ってBGM?先週はいきなり寝ちゃったから気付かなかったけど、なんかクラシック流れてるぞおい、それ「寝て下さい」って言ってるようなもんじゃ…とか思ってたらあちら側も気付いたのかボリューム最大になった。これなら大丈夫。

…と言いつつ多分30分くらいの我慢、途中二回くらい一瞬寝落ちしかけたが今度はキレイに撮れたらしい。一安心。

先週見て貰った先生が本日不在という事なのだが、来週は土曜出勤日なので別の先生に見て貰う。結果、第5~6頸椎版の間が確かに目で見て分るくらいちょっとズレてるというか腫れてるのだが、この程度ならそんなに支障は無いらしい。

で、先週貰った痛み止めを服用して様子を見ることに。ともかく事故に対する首痛疑惑はコレにて終了という事らしい。なんともなくて安心したような残念なような?(汗) にしてもMRIやったから覚悟してたけど、診察料5k近いのは痛いわ…。

その後はスバルに行って修理屋が来週にでも持って行くであろううちのGDBから乗せたまんまの私物を回収。久々にシートに座ったが、これが最後かと思うとちょっと泣けた。んで説明書を頼りにナビも初期化、一発で全部初期化コマンドが無いのでめんどくさいー、ちゃんと動いてるのは流石ではある。

トランクの中も含めると流石にちょっとした量なので、ダンボール箱も貰って無事回収完了。あとは担当にナビとETCの取り外しを依頼してスバルを後にする。それなりに費用はかかるけど、ナビを売るだけで回収どころかおつり出るしね>費用。

その後はまっすぐ帰ろうかともおもったが、なんか天気が良かったのでおもわず東苗穂へ。すっかりフィットにも慣れたなぁ。思ったより足回りのセッティングも良く出来ておりますコレ。ちと堅いけどコーナリング時にリアサスが結構仕事してる。

そしてたどり着いた先は「アルファロメオ札幌東」、正確に言うとBUBUグループの総合ディーラーでアウディやらVWのディーラーもここに集められてる。便利と言えば便利だがうちからはちと遠いなー。

んでお目当てのフィアット500を見る。…うぅやっぱしデザインはいいなぁ、出た当時に一回見に行ってるんだけど、当時より魅力的に見える。ここで担当セールスに捕まったので色々解説を受ける。500Cの電動キャンバストップを体験してみたり、あれ凄く良く出来てるけど、全開にするとルームミラーが役立たずになるのが欠点かも。

ちなみに電動キャンパストップはエンジンがかかってないと動かないのでエンジンかけてもらおうと思ったらバッテリー死亡寸前だったというオチ。この際にボンネット内を見てみたら…まぁすげぇ見覚えのあるエンジンだなコレ(汗)、初代パンダに積んでたFIREエンジンだ、かなり手は入ってるけど。今時後方吸気の前方排気、おまけに軽自動車なみにちっこいバッテリー…冬大丈夫かコレ。

以前指摘した「きちんとしたドラポジを取ると頭がつっかえる」というのはあまり感じなかった。相変わらず余裕は無いのだが致命的ではない、前回乗ったのってガラスルーフだっけ? それ以外なら大丈夫っぽいな。

「試乗車は1.4ポップ」だけあるという事で走ってみる。う、相変わらずのクリープ現象の無い2ペダルMTは運転しづらい。あと「AUTOモード」と「MANUALモード」がメーターパネルのちっこい文字でしか判別出来ないのもちとツライ。

AUTOモードは相変わらず「あるだけマシ」的なイメージ。特に1-2と2-3速のショック&空走感がヒドイ、そこを超えたら気にならないんだけどね。1.4Lは「回してナンボ」のエンジンなのでMANUALモードで回してみる。…ヤバいパンダを思い出すこのアドレナリン感、やっぱイタ車は回してナンボだ、正直速いとは言えないが面白い。あとやっぱりメーターゴチャゴチャして見づらい。

足回りは正直ちょっと固いが嫌では無い、シートはパンダを思い出すような感じで最高。パッケージ的にトレッドが広いのとそれなりに剛性感があるので安物の車に乗ってる感じはあんまししない。まっすぐ走るしステアリングインフォメーションも電動パワステであることを感じさせないくらい自然、セッティングは相当頑張ってるなコレ。

個人的な意見としては「やっぱMT欲しい…」ってな感じ。ただベースになってる「パンダ」は6MTが乗ってる100HPを一回運転したんだけど、ペダルレイアウトが相当特殊なので500もそうじゃないかと思ったらまた微妙な気分になったり。

ちなみに店の奥では「アバルト・エッセエッセ仕様」が納車待ちでありました。当然人様のモノなので見るだけ、すんげぇ格好良いけど値段を聞いて「そりゃ無いわ」とも思ったり、なにそのインプSTIやランエボより高い価格(汗

あとは担当者と納期の話をしたり、てっきり「どうやっても半年待ちです!」とか言われると思ったのだが、グレードや色に拘りが無ければ運次第で一ヶ月程度で納車可能みたい(運というのは全国のディーラーで取り合いになるため)、うーむ。という訳でとりあえず撤退。安全装備とか込みで考えると決してバカ高くはないけど、やっぱりコミコミだと車格の割にイイ値段しちゃうんだよね。

あとアルファロメオ・ミトもあったがなんつーか腰高感がもの凄くて実にアレだった、パンダや500の方がワイド&ローに見えるって一体、内装も「なんだかなー」感。聞いた話だと6MTは魅力的だが事実上在庫限りで「運が良ければまだ買えるかも?」的状況みたい。とりあえず見た目だけで候補から消す(汗

あとは本屋に寄ってから帰宅。疲れたので一旦寝て、晩飯で起こされて風呂入ってTV付けたらF1トルコGPの予選が既に開始してた。え、21時スタートじゃないの?…と思ったら決勝は21時だけど予選は20時だったそうで。

F1予選をダラダラと見た後はBSでダラダラと流しっぱなしな土曜日。再放送中の「ゼーガペイン」がすげぇ面白い。その後に「AngelBeats!」が放送されてるのでまたなんつーか微妙感が、「AB!」も叩かれるほどヒドイって訳でもないのだが。

最後に「刀語」を見る、とがめ無意味にエロいよとがめ(汗 色々な微妙感を感じつつも視聴完了。なんとなく小説版が酷評されがちな理由が分ってきたなコレ…アニメ版は良いと思います、BD欲しいんだけど高いので我慢中。全12巻セットで2万とかなら考えるけど。

いい加減眠いので就寝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です